Photoshopのパスの使い方【初心者向け】

Photoshop基礎知識

Photoshopのパスの使い方について解説します。

スポンサーリンク

パスとは

Photoshopのパスとはペンツールを使って作る、画像を囲む線のことです。パスを作ることで画像を切り抜いたり、色調整の選択範囲を指定したりします。

パスの利点

パスの利点は画像を拡大しても再利用が可能なことです。

パスには解像度の概念がないので、低解像度で作っていたパスを少し修正するだけで高解像度の画像に流用することができます。(多少の位置ずれが起こるので修正が必要になります。)

Photoshopのパスと解像度の関係

また、工業製品など幾何学的なもののマスクを作る時にブラシツールだと思うようにきれいな輪郭が描けない時があります。このような時にパスを使います。

パス各部の名称

ペンツールでクリックするとできる点をアンカーポイント、曲線の曲がり具合を調整する線をハンドル、アンカーポイントとアンカーポイントを結ぶ線をセグメントと呼びます。

Photoshopのパス各部の名称

ペンツールの種類

ペンツール
Photoshopのペンツール

アンカーポイントを作りながら、ハンドルを調整して、パスを作成したり編集したりするツールです。このツールがパスの基本となります。

フリーフォームペンツール
Photoshopのフリーフォームペンツール

手書きでフリーハンドの線を描いてパスを作成します。

コンテンツに応じたトレースツール
Photoshopのコンテンツに応じたトレースツール

くっきりした輪郭があるときにクリックするだけで自動でパスを引くツールです。

曲線ペンツール
Photoshopの曲線ペンツール

ペンツールとは違い、クリックして作ったアンカーポイントを曲線で順につないでパスを作ります。直観的に線が引けますが、複雑な形状になるとアンカーポイントが増え、逆に扱いづらくもなります。

アンカーポイントの追加・削除ツール
Photoshopのアンカーポイントの追加ツール
Photoshopのアンカーポイントの削除ツール

パス内のアンカーポイントの追加と削除ができます。

アンカーポイントの切り替えツール
Photoshopのアンカーポイントの切り替えツール

アンカーポイントのハンドルありハンドルなしを切り替えます。アンカーポイントをクリックしてハンドルなしにするとそのアンカーポイントに接しているセグメントがまっすぐになります。

また、ハンドルなしのアンカーポイントをこのツールでドラッグするとハンドルありのアンカーポイントにすることができます。

このツールでアンカーポイントのハンドルを個別に動かして角を尖らせることもできます。

パス選択ツールの種類

パスコンポーネント選択ツール
Photoshopのパスコンポーネント選択ツール

ひとかたまりのパスを選択して編集します。移動、変形、削除などが行えます。

パス選択ツール
Photoshopのパス選択ツール

パスのアンカーポイント、セグメント、ハンドルを選択して編集します。移動、編集、削除などが行えます。

パスパネル

パスパネルの表示

パスを編集するには、パスパネルで編集するパスを選ぶ必要があります。

パスパネルが表示されていない場合はウィンドウメニューからパスを選んでください。

Photoshopのパスパネルを表示

パスが表示されないとき

パスパネルのパスの名前のところをクリックすると、パスが画像上に表示されて選択された状態になります。

また、パスパネルの余白の部分をクリックするとパスを選択解除できます。

Photoshopのパスが選択されていない状態
Photoshopのパスが選択されている状態

パスの名前の変え方

初期状態でパスを作り始めると、「作業用パス」と言う名前のパスが作成されます。複数のパスを作成する場合クリッピングパスを作成する場合は「作業用パス」をダブルクリックして「パス1」など別の名前に変えておく必要があります。

Photoshopのパスを保存
「作業用パス」の名前のまま、ペンツールなどで別のパスを作ろうとすると、パスが上書きされて古いほうが消えてしまいます。

パスから選択範囲を作る

パスをクリックして選んだ後に「パスを選択範囲として読み込む」をクリックするか、パスを「パスを選択範囲として読み込む」にドラッグすると、パスで囲んだ範囲から選択範囲を作ることができます。

Photoshopのパスを選択範囲として読み込む2
Photoshopのパスを選択範囲として読み込む1

クリッピングパスの作り方

クリッピングパスとは、Illustratorなどに画像を配置した時に、画像を切り抜く範囲を指定しておくパスのことです。主にDTP・印刷業界で使われます。

クリッピングパスを設定するにはパスパネルからパネルメニューを開いて、クリッピングパスを設定します。

Photoshopのクリッピングパスを作成

パスをベクトルマスクに変換

「レイヤー」メニューから「ベクトルマスク」「現在のパス」を選ぶと現在のパスをベクトルマスクに変換できます。ベクトルマスクとはパスで囲んだ範囲をレイヤーマスクとして扱える機能です。

Photoshopのベクトルマスクを作成

パスの線の引き方

ペンツールでクリックするたびにポイントを作ることができます。このポイントがアンカーポイントです。アンカーポイントは作るたびに前のアンカーポイントとの間に線が引かれます。

Photoshopのパス作成

クリックして作ったアンカーポイントは角になりますが、アンカーポイントを作る時にドラッグするとハンドルが現れて丸い角になり、そこにつながる線は曲線になります。また、ドラッグする距離によって角の丸まりは大きくなります。

Photoshopの曲線パス作成

パスの最後に最初のアンカーポイントの位置でクリックする事でパスが閉じられます。

パスの編集の仕方

パスの移動

パスを移動するには、パスコンポーネント選択ツールでパスをドラッグで囲んで移動したい位置にドラッグします。

Photoshopのパスの移動
アンカーポイントの移動

アンカーポイントを移動するには、パス選択ツールで移動したいアンカーポイントをクリックするかドラッグで囲んだ後に、移動したい位置までドラッグします。

Photoshopのアンカーポイントの編集
アンカーポイントのハンドルの編集

パス選択ツールやアンカーポイントの切り替えツールを使ってアンカーポイントのハンドルを調整します。

ハンドルが表示されていないときはパス選択ツールでパスのセグメントのどこかをクリックするとアンカーポイントが表示されるので、その上でアンカーポイントをクリックします。

ペンツールを選んだ状態でCtrl(Command)を押すとパス選択ツールに切り替わります。またAlt(Option)を押すことでアンカーポイントの切り替えツールに切り替わります。この状態でハンドルの調整ができます。
Photoshopのハンドル調整
アンカーポイントの追加

ペンツールでセグメントの上にカーソルを置くと自動的にアンカーポイントの追加ツールになるので、追加したい位置でクリックします。

Photoshopのアンカーポイント追加
アンカーポイントの削除
ペンツールでアンカーポイントの上にカーソルを置くと自動的にアンカーポイントの削除ツールになるので、クリックしして削除します。
Photoshopのアンカーポイント削除

きれいなパスの作り方

きれいなパスの作り方のこつはなるべく少ないアンカーポイントでパスを作ることです。アンカーポイントをなるべく減らすことで修正のしやすいパスになります。

例えば山形カーブを作るのにも二通りのやり方があります。

一つは山になる部分にアンカーポイントを打つやり方です。

Photoshopの山形パスの作り方2

もう一つは山を挟むようにアンカーポイントを打つやり方です。

Photoshopの山形パスの作り方1

山の形にもよるのでどちらが正しいというものでもないのですが、最終的にパスのアンカーポイントをどのあたりに作って、どのようなハンドルにすればきれいな曲線になるかを予想しながらパスが作れるとベストです。

このことがわかっていれば、あとは回数を積み重ねるだけで自然にきれいなパスを早く作ることができるようになると思います。

パスのトラブル

パスを作っているときにパスの範囲指定が反転してしまって、切り抜きたいものではなく背景が選択されてしまうときがあります。このようなときはこちらの記事を参考に修正することができます。

まとめ

パスは最初のうちは操作が煩雑でわかりにくいと思いますが、ショートカットで何回もやっていくうちに手が覚えていくようになります。ぜひトライしてみてください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました