【Photoshopがプログラムエラーで起動しない】環境設定のリセット

Photoshopトラブル

Photoshopのエラーの中には環境設定ファイルの破損が元になって起こるものがあります。

これらを直すために環境設定のリセットを行います。

環境設定をリセットするとそれまでの環境設定が消えてしまうので、注意して行ってください。
スポンサーリンク

環境設定が原因で起こるPhotoshopのプログラムエラー

代表的なところでいうと次のようなものがあります。

  • Photoshop起動時に「要求された操作を完了できません。プログラムエラーです。」と表示される。
  • Photoshop起動時に「回復不能な問題が発生しました。」と表示される。

いずれもPhotoshopが起動できないエラーです。通常は出ないエラーですが、原因の特定が難しいです。環境設定をリセットして直るかどうか確かめてみるといいと思います。

環境設定ファイルの初期化の方法

Photoshop起動時に次のキーを押します。

  • Windowsの場合

Photoshopを起動後すぐにCtrl+Alt+Shiftを押します。

  • Macの場合

Photoshopを起動後すぐにCommand+Option+Shiftを押します。

 

アプリケーションアイコンをダブルクリック/クリック後、すぐに押せばうまくいきます。

photoshopの環境設定ファイルの削除

Adobe Photoshop 設定ファイルを削除しますか?」というアラートが出るので

はい」をクリックします。

手動で設定をバックアップしつつ環境設定ファイルの初期化を行う方法

以下のフォルダーの中のAdobe Photoshop<バージョン>Prefs.pspをデスクトップなど別の場所に移動(バックアップ)させてPhotoshopを起動させます。

必ず「コピー」ではなく「移動」させるようにしてください。コピーになってしまった場合は元ファイルは削除して、元のフォルダにはAdobe Photoshop<バージョン>Prefs.pspがない状態にします。

この方法だと環境設定ファイルがエラーの原因でなかった場合に.pspファイルを元の場所に戻すことで、元の状態に戻すことができます。
  • Windowsの場合

C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop<バージョン>\Adobe Photoshop<バージョン>Settings

  • Macの場合

Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop<バージョン>Settings

まとめ

おすすめは上に書いた手動でバックアップを取る方法です。エラーが別の原因だった場合にこの方法だと再度設定しなくて済みます。

皆さんのPhotoshopが正常に起動することを願います。

Photoshopのスペックを最大限に活かす、おすすめ環境設定についてはこちらの記事に書いています。

Photoshopのその他のトラブル情報についてはこちらにまとめています。

Photoshopトラブル
このカテゴリーページはPhotoshopのトラブルシューティングの記事で構成していきます。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました