初心者の独学におすすめPhotoshopの本10冊を紹介

Photoshopのピクセルグリッドを隠す設定

Photoshopのピクセルグリッドを隠す設定Photoshopテクニック
スポンサーリンク

Photoshopの画像表示をどんどん拡大していくと、碁盤の目のような縦横の網目が現れます。ピクセルの境目を表す線ですね。これをピクセルグリッドといいます。

このピクセルグリッドがあることでピクセルの並び位置が正確に把握できるのですが、逆に白い線があるせいで元の絵柄が見えにくくなるという欠点があります。

Photoshopのピクセルグリッド

このピクセルグリッドを隠すには「表示」メニューから「表示・非表示」→「ピクセルグリッド」を選びます。

Photoshopのピクセルグリッドを隠す

Photoshopのピクセルグリッドを隠すの例

この設定は一度やるとPhotoshopに記憶されて、Photoshopを再起動しても記憶された表示または非表示の状態を保ってくれます。

再度表示したくなったときは、同じ「表示」メニューから「表示・非表示」→「ピクセルグリッド」を選ぶことで再表示されます。

Photoshopのその他のテクニックについてはこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

この記事を書いた人

Photoshopと画像・動画アプリケーション情報を発信しています。
美術大学時代に絵画を専攻。独学でPhotoshopを学び、レタッチカンパニー数社を経て現在は東京でCGアーティストをしています。Adobe Japan Prerelease Adviser。
Mdn「デザインのネタ帳 プロ並みに使える写真加工 Photoshop」共著。

SNSやRSSでPhotoshop Bookをフォロー
Photoshopテクニック

この記事が役に立ったら
いいね!をお願いします
最新情報をお届けします。
この記事をSNSでシェア
SNSやRSSでPhotoshop Bookをフォロー
スポンサーリンク
Photoshop Book

コメント