Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】

Photoshop基礎知識

前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。

前回の記事はこちらです。

スポンサーリンク

ダイアログボックスの表示切替え

アクション機能ですが、操作すべてを記録してしまうと調整がきかなくてやりにくいときがあります。

たとえば前回の記事で作ったアクションだと、トーンカーブの明るさ調整をアクションで実行するときに、画像によって少しずつ調整のカーブを変えたいとします。

そのようなときはアクションパネルのトーンカーブを調整するアクションの左にある□の枠をクリックすると

Photoshopのアクションの中止

下のようなアイコンが現れます。

Photoshopのアクションの中止2

この状態で、「アクション1」を実行すると、アクションを実行するたびに下のようにトーンカーブのウインドウが出てきて調整することが可能になります。

Photoshopのトーンカーブの設定

簡単にまとめると、□欄をクリックしたところだけ、アクションの実行を一時停止してその都度調整ができるということですね。

アクションのその他の機能

アクションパネルには右上のメニューからその他の機能にアクセスできます。

Photoshopのアクションパネルメニュー

メニュー項目を挿入

Photoshopのアクションのメニュー項目の挿入

メニュー項目を挿入」は、メニューバーから操作を選ぶことができます。

ただ普通にアクションを記録しながらメニューを選んでも同じことなのでそれほど気にしなくてもいい機能です。

Photoshopのアクションのメニュー項目を挿入の例

中止を挿入

Photoshopのアクションの中止を挿入

中止を挿入」はアクションを一旦停止し、そのまま続行するのかメッセージを表示して意思確認をすることができます。

左下の続行許可をONにしていないと、中止の位置で強制的にアクションが停止するのでONにして使ってください

Photoshopのアクションの中止を挿入ウインドウ

条件の挿入

Photoshopのアクションの条件の挿入

条件を挿入」は条件を指定して、特定の条件のときはアクションA、そうでないときはアクションBなど、実行するアクションを選ばせることができます。

Photoshopのアクションの条件の挿入ウインドウ

ただ条件に設定できる項目が下のように限られているので、この中の条件しか選ぶことができません。

Photoshopのアクションの条件例

実行するアクションはアクションパネルに登録しているものから自由に選べます。

Photoshopのアクションの条件分岐アクション

アクションオプション(ファンクションキーを設定)

アクションを選んで「アクションオプション」をえらぶことで、ファンクションキーの設定をすることができます。ファンクションキーを設定しておくと、F2~F12キーを押すだけで設定されたアクションを実行することができます。

Photoshopのアクションオプション

ShiftCtrl(Command)と組み合わせることもできます。(たとえばShiftを押しながらF1など) Photoshopのアクションにファンクションキーを設定

ツールの記録を許可

ツールの記録を許可」はブラシツールなどアクションにツールの使用を許可します。ブラシストロークなども記録することができます。

Photoshopのアクションのツールの記録を許可

このようなブラシストロークも記録できます。

Photoshopのアクションのツールの記録例

 

まとめ

今回はアクションを掘り下げてみましたが内容は理解できたでしょうか。

今回取り上げたところをアクションに組み込むことでより使い勝手の良いアクションを作ることができるようになると思います。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました