Photoshopのドロップレット ドラッグ&ドロップで一括処理

Photoshop基礎知識
スポンサーリンク

ドロップレットの機能

アクションを使った応用でバッチ処理ともう一つ便利な機能がドロップレットです。

ドロップレットはファイルをアイコンにドラッグすることで、自動的に指定したアクションを実行する機能です。

アクションとバッチ処理の記事はこちらをご覧ください。

超簡単!Photoshopのアクションの使い方【記録と再生】
Photoshopのアクション、なんだか覚えにくいと思って敬遠されている方も多いと思います。アクションは実は単純作業のスピードアップにめちゃめちゃ効率的な機能で、とても簡単に作業を自動化できます。またアクションが使えるようになるとバッチ、ドロップレットなど更に便利機能も思いのままです。
Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】
前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。
Photoshopのバッチ処理 複数ファイルを一括処理
Photoshopの「バッチ」は「アクションで登録しておいた処理」を複数ファイルに一括で適用できるとても便利な機能です。 「ファイル」メニューから「自動処理」→「バッチ」を選びます。

ドロップレットの作成

ドロップレットを使うにはまずアクションの登録が必要です。まだの方は上記の記事を見て作成してみてください。

アクションが作れたら、「ファイル」メニューから「自動処理」→「ドロップレットを作成」を選びます。

Photoshopのドロップレットを作成メニュー

ドロップレットを作成ウィンドウが出てきます。内容はほぼほぼ「バッチ」と同じです。

Photoshopのドロップレットウィンドウ

ドロップレットの保存先の指定だけ違います。「選択」をクリックしてドロップレットをどこに保存するか指定します。

Photoshopのドロップレットウィンドウの説明

好きなファイル名を付けてデスクトップなどに「保存」します。

Photoshopのドロップレットの保存先を指定

保存が完了すると指定したデスクトップなどの場所にこのような矢印型のアイコンのファイルができます。これがドロップレットです。

Photoshopのドロップレットアイコン

ドロップレットの使い方

ドロップレットに処理をさせたい画像ファイルをドロップレットにドラッグします。複数ファイルをShiftを押しながら同時に選択してドラッグすることもできます。

Photoshopのドロップレットにドラッグ

Photoshopが起動していない場合は自動的にPhotoshopが起動して、設定されたアクションが実行されます。

Photoshopのドロップレット実行結果

まとめ

毎回決まった作業がある場合はその都度アクションを実行するのも手間なので、ドロップレットでひと手間省略することができます。

例えば、仕事でお客さんに画像をチェックしてもらうときに、決まったサイズや形式があるならそれをアクションで作っておいて、ドロップレットにドラッグする、などの使い方があります。

「バッチ」同様、ファイル形式の変換や画像のサイズ変更にも使えます。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました