Photoshop2021の新機能ニューラルフィルターの使い方

Photoshop基礎知識

Photoshop2021から搭載されたニューラルフィルターについて紹介していきます。

ニューラルフィルターというのはAdobeのAI技術を使ったフィルターで、今までは複雑な工程が必要だった作業をPhotoshopがディープラーニング(人工知能のパターン学習)を使って自動的に行うものです。

フィルター処理はAdobeのサーバーを介して行うので、通常のフィルターよりは比較的時間がかかります。

スポンサーリンク

ニューラルファイルターの使い方

Photoshopのフィルターメニューニューラルフィルター

「フィルター」メニュから「ニューラルフィルター」ですね。

初期画面は下のようになります。「ニューラルフィルターへようこそ」の画面はざっと読んでおくと概要が知れていいと思います。ツアーをスキップしても問題はありません。

Photoshopのニューラルフィルターの初期画面

すべてのフィルター」と「待機リスト」があるのですが、「待機リスト」の方は将来的に使用可能予定の機能で現状では使うことはできません。

また、下のように雲のアイコンのフィルターは、そのフィルターを一度ダウンロードしないと使えないようになっています。

Photoshopのニューラルフィルターのダウンロード

雲アイコンまたはダウンロードボタンをクリックしてダウンロードします。

Photoshopのニューラルフィルターのダウンロード2

私は最初やってみたときうまくダウンロードできませんでした。もしダウンロードできない場合はトラブルシューティング記事をご覧ください。

肌をスムーズに

ON/OFFスイッチをONにして、「肌をスムーズに」を人物の画像に適用してみます。

Photoshopのニューラルフィルター肌をスムーズに

数値はわかりやすいようにMAXにしてみました。ニューラルフィルターはクラウド上(アドビのサーバー)で処理されるため、待ち時間が少しあります。

Photoshopのニューラルフィルター肌をスムーズにの設定

ディテールを保ったまま凹凸感だけ滑らかにしてくれます。そばかすはやや薄くなっていますが、数値の調整でコントロールできます。逆にこれ以上薄くしようと思ってもできませんでした。

正直仕上がりは好感触です。

Photoshopのニューラルフィルター肌をスムーズにの例

画像クリックで拡大します

スマートポートレイト

今度は「肌をスムーズに」はOFFにして「スマートポートレイト」を使ってみます。こちら人の表情を変えられる機能で見た目のおもしろさがあると思います。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト

笑顔を+25にしてみました。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト笑顔

口が開いてにやっとした感じに。表情は自然ですね。ただ、えらの部分などの色が少し鮮やかになっちゃってます。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト笑顔の例

画像クリックで拡大します

口もとの拡大です。足された歯などの画質の粗さがあるので、レタッチの仕事には使いづらそうです。カンプレベルなら全然あり。歯と歯茎の形は少しいびつですね。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト笑顔の例拡大図

画像クリックで拡大します

次に、笑顔はOFFにして年齢を+30にしてみました。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト年齢

下が結果です。やや不自然でした。ほうれい線のしわがとってつけた感があります。髪は下の方は処理してくれるのですが、頭頂部が元のままになっています。変化するところと変化しないところに極端な差があります。耳についていた羽のアクセサリーはつぶれてしまいました。

Photoshopのニューラルフィルタースマートポートレイト年齢の例

画像クリックで拡大します

カラー化

次に「カラー化」を試してみます。

Photoshopのニューラルフィルターカラー化

こちらまた別の白黒画像で試してみました。色の傾向をスライダーで調整します。

Photoshopのニューラルフィルターカラー化の設定

下のプロファイルのところで色々な設定を選べます。

Photoshopのニューラルフィルターカラー化の設定

左が元画像、右が適用結果です。人の部分はかなりいい感じに着色されました。

Photoshopのニューラルフィルターカラー化の例

画像クリックで拡大します

手動で白黒写真をカラーにする仕事をしたことがあるのですが、本物っぽくするのは結構大変で、一括で肌の色を合わせればいいということではなく、頬の赤らみとか目元のくすみとかをそれぞれ入れていかないと本物っぽくはなりません。

そういう意味でこの着色はかなりいい出来だと思います。ただ帽子はなぜか上の方だけ白黒のままでした。

まとめ

以上ざっとニューラルフィルターの操作とさわってみた感想でした。

今回紹介した中では「肌をスムーズに」以外はベータ(動作テスト)扱いなので、今後処理の精度が上がってくると思います。今後に期待です。

ニューラルフィルターの「スーパーズーム(旧スーパー解像度)」についてはこちらの記事にも書いています。

ニューラルフィルターを使ったノイズ除去についてはこちら。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました