Wacomがウインターセールを開催中

Photoshopのクリッピングマスクの使い方【初心者向け】

Photoshopのクリッピングマスクの使い方【初心者向け】Photoshop基礎知識

Photoshopのレイヤーマスクとクリッピングマスク

Photoshopのレイヤー構造を学ぶときにとても重要なのが、レイヤーマスククリッピングマスクです。

レイヤーマスクとクリッピングマスクを使うことでPhotoshopのレイヤーをより効率的に構成することができます。

この記事を読むことでPhotoshopのクリッピングマスクを理解して、無駄のないレイヤーデータを作ることができるようになります。

Photoshopのクリッピングマスクとは

Photoshopのクリッピングマスクとは、下のレイヤーの画像範囲で上のレイヤーの一部だけを表示する機能です。

例えば、人物のレイヤーの上に調整レイヤーをクリッピングすれば、調整レイヤーは人物だけに影響し、背景には影響しません。

Photoshopのクリッピングマスク

調整レイヤーだけではなく画像レイヤーも同じように、下のレイヤーで上のレイヤーをくりぬくことができます。

Photoshopのクリッピングマスクの使い方

クリッピングの仕方

それではクリッピングの仕方を見ていきましょう。

Photoshopのクリッピングマスク作成

レイヤーパネルで下になるレイヤーと上になるレイヤーのちょうど間にカーソルをもって行って、Alt(Option)を押すとカーソルがクリッピングアイコンに変化します。この状態でクリックするとクリッピングします。

下の画像がクリッピングマスクが設定されて人物のみにトーンカーブが影響している状態です。クリッピングされたレイヤーはレイヤーが少し右にずれて、レイヤーの左側に直角矢印が付きます。

Photoshopのクリッピングマスク結果

Photoshopのクリッピングマスクのショートカット

ショートカットは上になるレイヤーをクリックで選んでおいて、Ctrl(Command)Alt(Option)を押しながらGキーです。

これで下のレイヤーで上のレイヤーをくりぬいたように表示することができます。

クリッピングマスクの応用テクニック

クリッピングレイヤーを重ねる

クリッピングマスクはレイヤーを何重にも重ねても、一番下のレイヤーでマスクすることができます。

重ねるときはレイヤーパネルでレイヤーの境目をAlt(Option)を押しながら順にクリックしていくだけです。

Photoshopのクリッピングマスクの作例

レイヤーマスクのとクリッピングマスクの使い分け

下になるレイヤーにレイヤーマスクを作ってクリッピングしておけば、上になるレイヤーは常に下のレイヤーマスクで切り抜かれることになります。

下のレイヤーマスクを調整するだけで、上に乗っているレイヤーは自動的に切り抜かれることになります。

Photoshopのクリッピングマスクの作例2

つまりレイヤーマスクとクリッピングマスクを併用すれば、レイヤーごとに同じ形に切り抜く必要がなくなり、レイヤーの構造がわかりやすく効率的になります。

レイヤーのクリッピング解除

Photoshopのレイヤーのクリッピング解除

クリッピング解除はもう一度クリッピングされているレイヤーの境目でAlt(Option)を押しながらクリックをするだけです。ショートカットもCtrl(Command)Alt(Option)を押しながらGキーで同じです。

複数のレイヤーがクリッピングされている場合は、クリッピングされている一番下のレイヤーの境目で解除します。

下のようにクリッピングが解除されます。

Photoshopのレイヤーのクリッピング解除

まとめ

クリッピングマスクの使い方は理解できましたでしょうか。

Photoshopのレイヤー構造は最初覚えるのに苦労しますが、覚えるととても便利に使うことができます。

レイヤーマスクとクリッピングマスクを覚えると合成作業がかなり楽にできるようになります。ぜひマスターしてください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました