初心者の独学におすすめPhotoshop本10冊を紹介!【2022年版】

初心者の勉強におすすめPhotoshop本10冊!【2022年版】

初心者の独学におすすめPhotoshop本10冊!【2022年版】Photoshop基礎知識

あなたはPhotoshopの勉強をどういった方法でされていますか?

Youtubeなどの動画のチュートリアル、ネットで記事を検索、専門学校で学習、書籍などいろいろあると思います。今回はその中でPhotoshop習得の参考になる書籍を紹介していこうと思います。

本の利点は「目的のページをすばやく見返せる」ことです。

動画でも見返すことはできるのですが、「あのシーンをもう一度見たい」というときに目的のシーンを探すのが大変です。

書籍だとぱらぱらとめくるうちに大体のページの位置を記憶でたどることができます。その点ではKindleなどの電子書籍よりは紙の本の方が学習メリットがあると言えます。

私もPhotoshopを覚え始めのころは、Photoshopの本を何冊か購入して学習しました。

この記事では2018年以降に発行されたPhotoshop習得本で初級者~中級者向けのおすすめ本にしぼって紹介していきます。

ページの上の方からリリース順になっており、下に行くほど新しい本です。

はじめてさんのPhotoshop おえかき入門

おすすめ度4.0
Amazonの参考価格:単行本2,050円 Kindle版1,833円 2022/8/12の価格
発行日:2016/2/2
ページ数:128ページ
初級者向け
本中の操作画面:Windows

はじめてさんのPhotoshopおえかき入門はPhotoshopで絵を描きたい人におすすめの本です。

Photoshopを使って「アニメ塗り」だけでなく、「厚塗り」や「水彩塗り」などいろいろなタッチで描く方法を解説してくれているので、”アニメっぽい描き方でない方”にもおすすめです。

初心者向けに書かれていますが、ごく基本的な操作は省かれているところもあります。当サイトのブラシの設定の記事も参考にしていただくといいと思います。

Photoshop しっかり入門

  • おすすめ度5.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,178円 Kindle版1,960円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2018/5/22
  • ページ数:252ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Mac

Photoshop しっかり入門は図が多くて説明範囲も幅広くわかりやすいです。

基礎的な機能や操作がしっかり説明されていていいと思います。スタンダードマニュアル本として人気です。

文字は多めですが、色で強調されていたりアクセントがついているので読みやすいと思います。

Amazonではレビューも高評価で、レビュー数も多いです。

多くの人が選んでいる本なので、実物の本を見る機会がないけどはずしたくない人は安定感のあるこの本でいいと思います。

2018年発行と、ここにあげた本の中では一番古いのでニューラルフィルターなど近年新しく追加された機能は載っていないものもあります。

最近のPhotoshopの追加機能については、当ブログを参考にしていただければ知識として補完できるので問題ないと思います。

Photoshop 10年使える逆引き手帖

  • おすすめ度3.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,640円 Kindle版2,376円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2018/6/21
  • ページ数:368ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Mac

Photoshop 10年使える逆引き手帖逆引き集なので実例からどのような使い方をすれば、その効果が出せるのかを説明した本です。

初歩的な操作説明は最初の方にまとめてあるのですが、知識0からというわけではなく、少しPhotoshopのことをわかっている人向けかなと思います。

各図に番号がついていて今どこの操作をしているかがわかりやすくていいと思います。

ページ数が多く、ここにあげた10冊の中で一番ボリュームがあります。

こちらも2018年発行なのでニューラルフィルターなど新しい機能は載っていないものもあります。

知識ゼロからはじめる Photoshopの教科書

おすすめ
  • おすすめ度5.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,178円 Kindle版1,980円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2020/3/27
  • ページ数:271ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Windows

知識ゼロからはじめる Photoshopの教科書はPhotoshopの機能をわかりやすく幅広く紹介している本です。

基本機能から丁寧に説明されている印象です。

表紙が地味めのためかAmazonのレビューが少ないところが残念ですが、ツールパネルなど初歩的なところの説明がしっかりしていていい本だと思います。

特に選択範囲の説明が豊富なところがよいと思います。ボリュームもあり内容が濃い感じです。

文字は多めですが、色分けなどもしっかりされているので読みやすいのではないでしょうか。

世界一わかりやすいPhotoshop 操作とデザインの教科書

  • おすすめ度3.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,508円 Kindle版2,383円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2020/5/23
  • ページ数:288ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Mac

世界一わかりやすいPhotoshop 操作とデザインの教科書も基本機能からしっかり丁寧に説明されている印象です。

PhotoshopでWebデザインをする人におすすめの本です。レッスンパートと練習問題パートがあり、章の最後ごとに練習問題のページがあります。

デザイン例もあるのでグラフィック・WEBデザイナーをめざす方におすすめです。文字の説明は多めで詳しく説明されており、ボリュームが結構あります。

「わかりやすさ」という点では、後に出てくる「デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本」の方が上かなと思います。

「デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本」は逆に簡単すぎるところもあるので、デジタルのことが少しわかっていて、Photoshopについてはやさしい本がいいという方はこちらを選ぶとよいです。

Photoshopレタッチ・加工 アイデア図鑑

  • おすすめ度4.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,695円 Kindle版2,426円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2020/9/18
  • ページ数:336ページ
  • 中級者向け
  • 本中の操作画面:Mac

Photoshopレタッチ・加工 アイデア図鑑はPhotoshopをデザインアイデアを学びながら習得できる本です。

作例紹介が主要な内容で作例数が豊富です。基本機能はすでに覚えていてさらに一歩踏み出す人向けだと思います。

Photoshopの操作説明だけの本ではなくアイデア図鑑でもあるので、デザイン例の紹介もあります。こちらもデザイナーをめざす人、デザインを学んでいる人にいいと思います。

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本

  • おすすめ度5.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,068円 Kindle版1,965円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2022/2/9
  • ページ数:160ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Windows

デザインの学校 これからはじめるPhotoshopの本は初心者がPhotoshopの使い方を一番わかりやすく学べる本です。

わかりやすさにすごく重点を置いている印象です。この本は本当に「一番やさしい」と思います。

文字は大きめページ数は少なめで、威圧感はこの本が一番ないと思います。Photoshopに苦手意識のあったり、PCが苦手で覚えるのに不安がある方にはこの本がぴったりです。ちょっとしたPCの操作にも説明がついています。

逆に少しPhotoshopのことを知っている人にとっては別の本の方がよいと思います。またPhotoshopを深く知ろうと思う人は他の本がよいでしょう。

最新版のため評価は少なめですが、旧版の評価が高いので安心感があります。

動画でわかる! 1週間のPhotoshop入門

  • おすすめ度3.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,178円 Kindle版1,965円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2022/3/16
  • ページ数:216ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Windows

動画でわかる! 1週間のPhotoshop入門はPhotoshopの操作を本と動画で学べる本です。

著者のパパさんはYoutubeでもPhotoshopの配信をされています。1日1作品を作り、1週間でPhotoshopの操作が学べるように設計されています。

また練習用データをダウンロードすることができます。

また解説動画のQRコードもついているので、動画で学習→本で復習という流れでPhotoshopの操作を学ぶことができます。

本もYoutubeも基礎的な操作が網羅されているわけではないので、全くの最初の一歩としては向かないかもしれません。

基礎からしっかり学べる Photoshop 最強の教科書

  • おすすめ度5.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,178円  Kindle版2,178円 2022/4/14の価格
  • 発行日:2022/3/19
  • ページ数:336ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Windows

基礎からしっかり学べる Photoshop 最強の教科書はPhotoshopの基礎から最新の機能までカバーしている本です。

2022年3月19日発売の本です。ここにあげた本の中では一番新しいです。

画像の基礎的な知識から、Photoshopの基本的操作、アクションやバッチ、ニューラルフィルター、CameraRAWなど、最新のPhotoshopの機能についてもまんべんなくわかりやすく解説されています

336ページとボリュームも十分あり、タイトルどおり基礎からしっかり学べると思います。

独学Photoshop 楽しく基本が身につくガイドブック

おすすめ
  • おすすめ度5.0
  • Amazonの参考価格:単行本2,750円 Kindle版2,750円 2022/9/10の価格
  • 発行日:2022/9/21
  • ページ数:296ページ
  • 初級者向け
  • 本中の操作画面:Windows

独学Photoshop 楽しく基本が身につくガイドブックは、Photoshopを初めてさわる人で楽しく覚えたい人におすすめです。

この本の特徴は、操作説明が基礎的なところにしぼられていることです。

「レイヤー」「ツール」「フィルター」この3つの基本の説明をキャラクターをまじえてわかりやすく楽しんで覚えられるような構成になっています。

購入者専用ウェブページと合わせた解説は十分に役立つと思います。

本で紹介されなかった機能もウェブページに動画リンクがあるので、ウェブページと合わせるとかなりのボリュームになります。

そのなかでもPhotoshop初心者の方におすすめなのは

この中で初心者の方に特におすすめなのは、Photoshop しっかり入門です。

どの本もそうですが、レビューにはよい評価もよくない評価もあるので、自分に合ったレベルのものを買うのが一番です。

本中の操作画面についてはショートカットの説明など、WindowsかMacかで変わってくるのでできれば自分と同じものを選ぶのが良いです。

WindowsとMacのショートカットの違い
WindowsとMacではキーボードショートカットで押すキーが異なります。
大きく違うショートカットはほとんどないので、違いがわかっていれば読み替えも可能です。
WindowsでCtrlキーに当たるのが、MacのCommand(⌘)キーWindowsでAltキーに当たるのがMacのOptionキーです。

WindowsMac
CtrlCommand(⌘)
AltOption
WindowsとMacのショートカットの記載の違い

デジタル知識のレベルも人それぞれで向き不向きもあると思います。販売ページでは冒頭を試し読みできるものが多いので、自分のレベルにあっている本かどうか目次だけでも見てみることをおすすめします。

もしここに載せた以外の本でおすすめの本がありましたら、コメントをお待ちしています。

また、こちらは動画の教材になりますがデジハリオンラインのAdobeマスター講座は、”Adobe製品のビデオ教材”と”Adobe製品の1年間使用ライセンス”がセットになっています。

Adobe Creative Cloudのライセンスだけ見ても、価格的にはAmazonのセール時に買うより安く購入できます。AdobeCCのライセンス更新にも使うことができるので大変お得だと思います。

こちらも検討する価値があると思ったので紹介しておきます。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント