Topaz gigapixel AIが$20オフのセール中!クーポンでさらに15%オフ

PhotoshopでPNGファイルの透過部分を表示させる方法

PhotoshopでPNGファイルの透過部分を表示させる方法Photoshopトラブル

Photoshopでは透過PNGファイルの背景を読みだせない?

Photoshopでアルファチャンネル付きPNGファイルを開いたとき、アルファチャンネルにより自動的に背景が透過されます。

背景透過PNGは画像データとして背景は存在していても、Photoshopで開いたときにアルファ形状で自動的にマスクされてしまいます。

もちろん背景が透過された状態で使うときはこのままでよいのですが、次のような背景とマスクが両方ほしいときに困ってしまいます。

  • マスク付きのPNGデータをもらったけど背景部分に必要なデータがある
  • 3DCGで書き出したPNGデータの背景は生かしつつ、アルファチャンネルを使って色補正したい

あまり知られていないのですがPhotoshopでもPNGデータの背景部分を取り戻す方法があります。

この記事でその方法を紹介します。

Photoshop単体でPNGデータの透過部分を復活させる方法

背景透過PNGデータをPhotoshopで開いたときはこのような表示になります。
背景が透過されたPNGファイルをPhotoshopで開いた例

椅子以外のところが市松模様になっていて、透過されている状態ですね。背景部分に画像があってもPhotoshopでアルファチャンネル付きのPNGデータを開くと、最初から切り抜かれた状態で表示されてしまいます。

背景を取り出したい場合は、Photoshopで「レイヤー」メニューから「レイヤーマスク」→「透明部分をマスク」を選びます。
Photoshopのレイヤーメニューからレイヤーマスク→透明部分をマスク

これで透過されていた部分がレイヤーマスクの状態になり、背景がデータとしてよみがえってきます。
背景透過PNGデータをPhotoshopでレイヤーマスクに変換

あとはレイヤーマスクをSHIFT+クリックで非表示にすると
Photoshopでレイヤーマスクを不可視

下のように背景画像が復活します。
PhotoshopでPNGデータの背景を取り戻した例

まとめ

レイヤー」メニューから「レイヤーマスク」→「透明部分をマスク

制作の現場ではCGから書き出したPNG連番ムービーファイルから画像を提供される場合などもあります。

AfterEffectsなどでは簡単にPNGの透過部分を取り出せるのですが、私も最初はPhotoshopではPNGファイルの透過部分は取り出せないものだと思っていました。

この操作を知っておくことで制作現場での余計なトラブルを回避することができると思います。

レイヤーやレイヤーマスクについては以下の記事でも解説しています。

レイヤーとは?Photoshopのレイヤー機能解説【初心者向け】
Photoshopの基本的で重要な機能にレイヤー機能があります。主に初心者の方に向けて基本的なレイヤー機能を解説していきます。 長い解説になりますが、Photoshopを使いこなすときに最も重要だと言ってもよいところなので、わからないところがあったらよく理解しておいた方がよいと思います。
Photoshopのレイヤーマスクのくわしい使い方【初心者向け】
Photoshopのレイヤー構造を学ぶときにとても重要なのが、レイヤーマスクとクリッピングマスクです。 レイヤーマスクとクリッピングマスクを使うことでPhotoshopのレイヤーをより効率的に構成することができます。 この記事を読むことでPhotoshopのレイヤーマスクを理解して、無駄のないレイヤーデータを作ることができるようになります。

Photoshopのその他のトラブル情報についてはこちらにまとめています。

Photoshopトラブル
Photoshopのトラブルと解決方法をまとめています。
Photoshopのパフォーマンスを上げる環境設定についてはこちらの記事をご覧ください。

コメント