Topaz gigapixel AIが$20オフのセール中!クーポンでさらに15%オフ

Adobe Creative Cloudの値上げされるプラン2022年4月

Adobe Creative Cloudの一部プランが値上げPhotoshop最新情報

Adobe公式ブログ2022年4月27日からAdobe Creative Cloud製品が価格改定されることがアナウンスされていました。

すべてのプランで値上げがされるわけではなく、特定のプランに限定されます。今回は値上げされるプラン、されないプランはどのプランなのかについて説明します

価格改定されるプランとされないプラン

価格改定されるプラン

Adobe Creative Cloudで値上げされるのは以下のプランです。

  • 個人版コンプリートプラン 年間プラン(月々払い)
  • 個人版コンプリートプラン 月々プラン
  • グループ版・エンタープライズ版

価格改定されないプラン

こちらはAdobe Creative Cloudの値上げされないプランです。これまでの価格と変わりなく使うことができます。

  • 個人版単体プラン
  • フォトプラン
  • 個人版コンプリートプラン 年間プラン(一括払い)
  • 学生教職員版教育機関向けプラン
  • モバイル専用プラン Adobe Creative Cloud Express、Adobe Photoshop Express、Adobe Lightroomモバイル版、Adobe Photoshop iPad版、Adobe illustrator iPad版、Adobe Premiere Rush、Adobe Aero、Adobe Fresco
  • Adobe Stockプラン Adobe Stock個人版、グループ版、エンタープライズ版

価格改定の内容

価格改定の内容は以下です。Adobeのサイトから購入している場合はAdobeから直接購入ということになります。

Adobeから直接購入したAdobe Creative Cloud

個人版コンプリートプラン 年間プラン(月々払い)月額232円値上げ
個人版コンプリートプラン 月々プラン月額402円値上げ
グループ版プランに応じて月額222円〜502円値上げ

この変更による個人版の年間支払額は以下のようになります。
個人版コンプリートプラン 年間プラン(月々払い):6,248円/月→6,480円/月
個人版コンプリートプラン 月々プラン:9,878円/月→10,280円/月

販売店から購入したAdobe Creative Cloudグループ版・エンタープライズ版

グループ版・エンタープライズ版(法人契約)プランの種類とご契約内容によって異なる価格が適用

これらの価格改定が2022年4月27日に行われることになります。

まとめ

価格改定されるのは、個人プランの月額のもの法人契約のプランとなります。個人で契約している年間プランには影響しません。

デジハリオンラインではAdobe Creative CloudのコンプリートプランをAmazonのセール時より安く買うことができます。

個人月額プランの方はこの機会に年間プランに変更すれば、年間の使用料を抑えることができます。

グループ版・エンタープライズ版の場合はプランにより詳細が異なります。変更内容については販売店に問い合わせる必要があります。

コメント