初心者の独学におすすめPhotoshop本10冊を紹介!【2022年版】

Photoshopの人物の切り抜き【被写体を選択】【選択とマスク】

Photoshopの「被写体を選択」と「選択とマスク」【初心者向け】Photoshop基礎知識

Photoshopでの合成で必要になるのが、背景と被写体の切り抜きです。

特に人物画像は髪の毛の切り抜きなど複雑なディテールがあるため、切り抜きにもいろいろな手段があります。

今回はPhotoshopの機能「被写体を選択」と「選択とマスク」この2つを使って人物画像を切り抜いていきます。

こちらの画像を使います。
個性的な髪形の女性

記事内では説明上見やすいように左右は「切り抜きツール」を使ってカットしています。

レイヤー構成の準備

では準備として「レイヤーパネル」でレイヤーをマークのアイコンのところにドラッグして複製します。

photoshopのレイヤーを複製

次に2つあるうちの下の背景レイヤーをクリックで選択して「編集」から「塗りつぶし…」を選択。
Photoshopの背景レイヤーを塗りつぶし

内容:」のところから「ホワイト」で塗りつぶします。

Photoshopでレイヤーをホワイトで塗りつぶし

下のようなレイヤー状態になります。
Photoshopのレイヤー状態

この白を背景にして、上のレイヤーの人物を切り抜いていきます。

被写体を選択を使った切り抜き

それでは人物のレイヤーをクリックして、「選択範囲」から「被写体を選択」を選びます。
Photoshopの被写体を選択

この画像は背景がほぼ一色の絵柄なので、下のように比較的きれいな状態で選択されます。
Photoshopで女性の輪郭が選択された状態

選択したまま「レイヤーパネル」で「選択範囲をレイヤーマスクに変換」してどのように切り抜かれるか見てみます。
Photoshopのレイヤーマスクを追加

すると、下のようにところどころ気になるところがあります。
Photoshopで女性が切り抜かれた状態

選択とマスクで髪の毛の切り抜きを調整

これを「選択範囲」メニューにある「選択とマスク…」で修正していきます。
photoshopの選択とマスク

「選択とマスク…」を選ぶと下のような画面になります。
photoshopの選択とマスクの画面

画面を縮小表示してスクロールすると、ちょっと不自然なところがあるのがわかります。

Ctrl(Command)キーを押しながら+キーやキーで拡大縮小表示、Spaceキーを押しながらドラッグで画面をスクロールします。
ショートカット入力時は「英数入力モード」になっている必要があります。
Photoshopの選択とマスクの画面

上にあるオプションバーに「髪の毛を調整」ボタンがあります。押してみましょう。
Photoshopの選択とマスク画面の髪の毛を選択

髪の毛を調整」するだけで、髪の毛のエッジが少しふんわりしてきれいになりました。
Photoshopで髪の毛のマスクの作例

右の属性パネルの「表示」と書かれている四角いアイコンのところで、表示方法を変えられます。元画像を表示しながらレイヤーマスクも見たいので「オーバーレイ」で見てみます。

Photoshopの選択とマスクの画面のオーバーレイ表示

マスクされた(切り抜かれた)部分に色がついて、下のような表示になります。
Photoshopの選択とマスクの画面のオーバーレイ表示

境界線調整ブラシツールを使った選択とマスクの調整

肩のところを拡大して見てみると、産毛のマスクがとり切れていないですね。
Photoshopの選択とマスクで産毛がとり切れていない状態

まつ毛や産毛も途中から赤くなっています。毛先がとり切れていないです。
Photoshopの選択とマスクでまつ毛がとり切れていない状態

ここで左端の「境界線調整ブラシツール」を使います。
Photoshopの選択とマスクの境界線調整ブラシツール

ツールをクリックしたら、肩の毛の範囲をなぞるようにブラシで塗ります。

ブラシサイズも毛の範囲と大体そろえた方が綺麗になります。
Photoshopの選択とマスクの境界線調整ブラシツールの使い方

ツールオプションでブラシサイズを変更できます。ブラシサイズの横の三角をクリックしてブラシサイズを数値入力かスライダーを動かして変更します。
Photoshopの選択とマスクの境界線調整ブラシツールのサイズ調整

ショートカットキーでもブラシサイズを変更できます。

  • WindowsはAltキーを押しながら左右にドラッグ
  • MacはControloptionを押しながらドラッグ

でブラシサイズ変更です。

毛の範囲を「境界線調整ブラシツール」でなぞった後はマスクが調整されて下のような感じになります。きれいですね。
Photoshopの選択とマスクの境界線調整ブラシツールでの調整結果

先ほどの表示モードの「表示」で白黒に戻すとこんな感じになります。
Photoshopの選択とマスクの境界線調整ブラシツールでの調整結果

今度は肩の内側にちょっとグレーなところが出来てしまいました。ここも調整します。
Photoshopの選択とマスクの修正点

これをクイック選択ツールで補正していきます。
Photoshopの選択とマスクのクイック選択ツール

さっきの点線のところをなぞっていきます。

はみ出たな、と思ったらCtrl(Command)を押しながらZキーで戻ります。
Photoshopの選択とマスクの調整結果

肩はきれいになったのでまつ毛の方も整えます。やり方は同じです。
Photoshopの選択とマスクのまつ毛のマスク調整結果

白黒表示は下のような感じです。
Photoshopの選択とマスクのまつ毛のマスク調整結果

真っ白で塗ってしまった方が早いところは「ブラシツール」で直接塗りつぶすのもありです。
Photoshopの選択とマスクのブラシツール

いい感じに調整出来たら、右下にある「出力先」を「レイヤーマスク」にして、
Photoshopの選択とマスクの出力先

最後に「OK」をクリックして完了です。
Photoshopの選択とマスクのOKボタン

レイヤーパネルは下のような感じになり、レイヤーマスクとして書き出されます。
Photoshopの選択とマスクの書き出し後

修正したいところがあったらもう一度「選択とマスク」のところから修正ができます。

今回はこれで完成です。

実際の仕事では、背景との兼ね合いでさらにブラシでエッジを調整したりして仕上げていくこともあります。

Photoshopの様々な切り抜きについてはこちらの記事で紹介しています。ぜひご覧ください。

レイヤーやレイヤーマスクについてはこちらの記事をご覧ください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント