Wacomがウインターセールを開催中
Photoshop最新情報

Photoshop2022のスーパーズームのレビュー【Gigapixel AIとの比較2】

私は現在、200%以上の画像拡大の用途では画質劣化が著しいため、Topaz Gigapixel AIを常用しています。Photoshopのニューラルフィルターの向上で、もしかしたらGigapixel AIがいらなくなる可能性もあるなと思って、比較してみました。
画像アプリケーション

Topaz Gigapixel AIの使い方【15%OFFクーポンあり】

Topaz Gigapixel AIとは米国企業のTopaz Labsが開発している画像拡大アプリケーションです。AIを用いて低い解像度の写真を高解像度の画像に変換します。 以前は画像の拡大というと、拡大した後に画質がぼやっとしてしまうのが当たり前でしたが、最近はAIに拡大前・拡大後の画像を学習させることで、くっきりとさせつつ細部の細かさもあるような拡大ができるようになってきました。
画像アプリケーション

PhotshopでEXRレイヤーファイルを開くプラグインExr-IO【無料】

CGや映像系に使われるファイル形式で「○○○○.exr」という32bit/チャンネルの画像ファイルがあります。 Photoshopは標準でもこの.exr形式に対応しているのですが、レイヤー状態(マルチパスといいます)の.exrファイルはPhotoshop標準では読み込みできません。
画像アプリケーション

レタッチャーがAffinity Photoでレタッチしてみた感想【Photoshopとの比較】

Affinity PhotoとはPhotoshopの代替となりうる可能性を持った画像編集アプリケーションです。TwitterなどのSNSでPhotoshopがいらなくなるのではないかと一時噂になりました。
画像アプリケーション

PhotoshopでWebPを扱うWebPShopが0.4.0にアップデート

WebPとはGoogleが開発しているウェブ用の画像形式で、jpeg・gif・pngに変わるものとして意図されて作られています。読み方は「ウェッピー」です。 PhotoshopでWebP形式を扱うプラグインWebpshopが0.4.0にアップデートし、WebP規格1.2.1と16bit/チャンネル32bit/チャンネルに対応しました。
画像アプリケーション

PureRefの簡単な使い方を紹介【見本画像をみながら作業】

PureRefとは・画像を作るときに常にイメージ見本を表示させたい。・見本画像を見ながら作業したいけどウィンドウの切り替えが面倒。・たくさんの画像を並べてそれを見ながら作業したい。こんなとき画像ビューアPureRefが役に立ちます。
画像アプリケーション

AIで風景画像を生成するNVIDIA CANVASがアップデート

以前紹介したNVIDIA CANVASが少しマイナーチェンジしていました。 https://photoshopbook.com/2021/06/27/nvidiacanvas/ 最新版バージョン1.0.0.231のダウンロードは公式ページから
画像アプリケーション

Photoshop2021でWebPを開く・保存するWebPShop

まずはWebP形式の説明から。WebPはGoogleが開発しているウェブ用の画像形式で、jpeg・gif・pngに変わるものとして意図されて作られています。読み方は「ウェッピー」です。Googleはサイトの読み込みスピードを計るPageSpeed InsightsでWebP画像の使用を推奨しています。
画像アプリケーション

落書きをAIが風景画像に【無料】NVIDIA CANVASの使い方・必要スペック

グラフィックカードメーカーのNVIDIA(エヌビディア)から落書きのように描いた絵をAIが風景に変換するNVIDIA CANVAS BETAがリリースされました。今回はNVIDIA CANVASの使い方を紹介していきます。お使いのPCがNVIDIAのRTXを使用している場合、無料でダウンロードして使うことができます。
Photoshopテクニック

Topaz Gigapixel AIとPhotoshopのスーパーズームを比較【解像度を上げる】

AIを使って画像を拡大するアプリケーションである「Topaz Gigapixel AI」と Photoshop2021 のAI機能であるニューラルフィルターの画像拡大機能「スーパーズーム」を比較してみました。
Photoshop基礎知識

Photoshop(フォトショップ)とはどんなソフト?

Adobe Photoshop(フォトショップ) は、画像編集アプリケーションです。主に、画像の合成や色調整、印刷データやウェブページ用の画像の切り抜き、画像変換、書き出し、デザイン・イラスト・コンセプトアート制作、CG用テクスチャ・マットペイントの制作に使われています。
スポンサーリンク
SNSやRSSでPhotoshop Bookをフォロー
タイトルとURLをコピーしました