Photoshop基礎知識

Photoshop基礎知識Photoshop基礎知識

このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

Photoshopについて

Photoshopについて初心者で基本的なことがわからないという場合はここからご覧ください。

Photoshop(フォトショップ)とはどんなソフト?
Adobe Photoshop(フォトショップ) は、画像編集アプリケーションです。主に、画像の合成や色調整、印刷データやウェブページ用の画像の切り抜き、画像変換、書き出し、デザイン・イラスト・コンセプトアート制作、CG用テクスチャ・マットペイントの制作に使われています。

PhotoshopやAdobe Creative Cloudをなるべく安く入手・更新する方法について調べました。更新料を安く抑えたい方におすすめです。

Photoshopの値段、最も安く購入・ライセンス更新をするには
Photoshopの価格についてはいろんなブログで紹介されていますが、古い情報や間違った情報もあり、結局どこでライセンスを購入すれば一番安いのかわからない方も多いと思います。2021年8月版の最新情報をこちらにまとめておきます。

Photoshopに必要なPCスペック、快適に使うためのPCスペックはこちらをご参考下さい。

Photoshopを快適に使うためのPCのおすすめスペック
Adobe Photoshop(フォトショップ) は、アメリカのAdobe(アドビ)という会社が開発している、画像編集アプリケーションです。 Photoshopは主にMacやWindowsなどのPCで使われています。PCの必要スペックはどのくらいなのでしょうか。

Photoshopの使い方・基本操作

Photoshopの操作がまだわからない方は基本操作から見ていってください。

ベテランの方もPhotoshopのバージョンが変わって機能が増えているので、思わぬ発見があるかもしれません。

アプリケーションの起動・終了と画像の開き方

まずは基本操作の起動、終了の仕方と画像の開き方を説明します。どのように始めたらいいかわからない場合は見てください。

【初心者向け】Photoshop フォトショップの使い方
今回は超初心者の方向けとしてPhotoshopのアプリケーションの始め方(起動の仕方)からなるべくわかりやすく説明していきます。

画面構成とメニュー・ツール

Photoshopの操作画面の説明を見ていきましょう。ポイントを絞って重要なものをピックアップしています。

Photoshopのメニューバーの使い方【初心者向け】
Photoshopのメニューバーとメニューの内容を紹介していきます。ここも選べるメニューの数が多いので重要なところ、よく使われるところにポイントを絞って説明していきます。よく使うメニューには赤帯を付けたので目印にしてください。
Photoshopのツールパネル解説【初心者向け】重要なところだけピックアップ
Photoshopの画面構成とツールパネルについて紹介します。ツールバーの項目ですが全部数えると70以上あったので、全部をしっかり覚えておく必要はなく、まずはポイントを絞って覚えて必要が出てきたらその都度覚えていく流れでといいと思います。
Photoshopのウィンドウとインターフェイスの変更方法【初心者向け】
Photoshopの画像やインターフェイスの表示方法や変更方法について説明します。自分の作業しやすい環境にすることで作業効率アップが期待できますし、お好みにカスタマイズすることで気分よく作業できると思います。

Photoshopを使った作業の流れ

Photoshopで作業するときにどのような工程があるのかを理解しておくと、学習が進めやすいと思います。どのような作業から初めて、どのように進めていくかを説明します。

【初心者向け】Photoshop フォトショップの使い方、次の一歩
以前に初心者の方向けにPhotoshopの始め方の記事を書いたのですが、次のレベルに行くためのやや緩やかな説明がいるように思ったので、Photoshopの使い方の次の一歩として使い方の流れを書いていきます。

環境設定

環境設定についてはこちらをご覧ください。環境設定次第でPhotoshopの動作スピードが変わってきます。

Photoshopのおすすめ環境設定 Photoshop2021版
Photoshopの環境設定で作業効率化のポイントになるところを紹介します。 PhotoshopはPCのスペックと同時に環境設定でもパフォーマンスが変わってくるので、この記事で要点をチェックしてください。

画像解像度とカンバスサイズ

基本的な解像度の説明、解像度の変え方、画角の広げ方などを説明しています。

Photoshopの画像解像度とカンバスサイズの設定変更【画像サイズ変更】
Photoshopの画像解像度とカンバスサイズについて説明します。解像度について理解できていないと画像解像度の機能の説明がわかりにくいと思うので、まずは初心者の方向けにピクセルと解像度から説明していきます。

レイヤー

レイヤーの考え方やレイヤーの重ね方の説明です。

レイヤーとは?Photoshopのレイヤー機能解説【初心者向け】
Photoshopの基本的で重要な機能にレイヤー機能があります。主に初心者の方に向けて基本的なレイヤー機能を解説していきます。 長い解説になりますが、Photoshopを使いこなすときに最も重要だと言ってもよいところなので、わからないところがあったらよく理解しておいた方がよいと思います。
Photoshopのレイヤーの描画モードまずはこれだけ覚えればOK
Photoshopのレイヤーのブレンドモードは下のように27種類、「通過」も入れると28種類もあります。正直これら全部を覚えておく必要はないので、ここで全てを紹介することはしません。代表的なところだけ把握していればOKです。

選択範囲の作り方

Photoshopで作業するときは選択範囲を作る切り抜き作業が欠かせません。選択範囲の作り方について説明しています。

Photoshopの選択範囲と画像の切り抜き【初心者向け】
Photoshopでのレタッチで一番よく使われる作業が選択範囲の作成と切り抜きです。たとえば、画像の一部だけ色を変えたいとき、背景と人物を別々で撮影して一枚の絵柄に合成したいとき、にこの作業が必要になります。
Photoshopの「被写体を選択」と「選択とマスク」【初心者向け】
Photoshopでの合成で必要になるのが、背景と被写体の切り抜きです。今回はPhotoshopの機能、「被写体を選択」と「選択とマスク」この2つを使って画像を切り抜いていきます。
Photoshopでチャンネルを使った切り抜き
Photoshopでチャンネルデータを使った切り抜きを紹介します。チャンネルを使った切り抜きはやや手順が多いですが、これを覚えることで切り抜きのバリエーションがかなり増えます。いろんなものの切り抜きに応用できますので是非覚えてください。
Photoshopで色域指定を使った切り抜き
色域指定はユーザーが選んだポイントに近い色の範囲を選択範囲にしてくれる機能です。 チャンネルで選択範囲を作るときはレッド、グリーン、ブルーの階調をもとに選択範囲を作り出すのですが、色相がはっきり分かれているところは色域指定を使うことで、効率よく選択範囲を作ることができます。

ブラシの使い方

ブラシツールの使い方について説明しています。レイヤーマスクを編集するときにもブラシツールを使います。

Photoshopのブラシツールとブラシファイルの使い方【初心者向け】
Photoshopのブラシツールの使い方とブラシファイルの使い方を紹介します。ブラシツールは画像に直接描きこむためのツールです。レイヤーマスクを作るときや、イラストを描いたりするときに使うものになります。レタッチに使う当サイトの無料オリジナルブラシを用意しました。

チャンネルの使い方

Photoshopのチャンネルとは何か、またチャンネルの使い方について説明しています。

Photoshopのチャンネルとは何か、アルファチャンネルの使い方【初心者向け】
Photoshopのチャンネルとは何かについて、初心者の方向けに解説していきます。チャンネルっていきなり言われても何のこと?ってなる方もいると思いますが、全然大丈夫です。画像には主にRGB画像とCMYK画像があります。

パスの使い方

パスの基本的な説明と綺麗なパスの作り方について書いています。

Photoshopのパスの使い方【初心者向け】
Photoshopのパスの使い方について解説します。Photoshopのパスとはペンツールを使って作る、画像を囲む線のことです。パスを作ることで画像を切り抜いたり、色調整の選択範囲を指定したりします。パスの利点は画像を拡大しても再利用が可能なことです。

フィルターの使い方と種類

フィルターの種類とよく使うフィルターについて書いています。

Photoshopの全フィルターの一覧とおすすめフィルター【初心者向け】
Photoshopには100以上のフィルターが搭載されていますが、画像編集・レタッチを行う上でよく使うものとほとんど使わないものがあります。 全部のフィルターを詳細に把握しておく必要はないので、よく使うかどうかにスポットを当てて紹介していきます。
Photoshop2021の新機能ニューラルフィルターの使い方
Photoshop2021で新しく搭載されたニューラルフィルターについて紹介していきます。 ニューラルフィルターというのはAdobeのAI技術を使ったフィルターで、今までは複雑な工程が必要だった作業をPhotoshopが自動的に行うものです。

スマートオブジェクトの使い方

スマートオブジェクトの意味や使い方を説明しています。

Photoshopのスマートオブジェクトの使い方と利点
Photoshopのスマートオブジェクトとは、簡単に言うとレイヤーをまとめて一つのレイヤーにする機能のことです。 様々なメリットがありますが、大きなメリットは次のとおりです。レイヤーをまとめることができる。 変形を何度もやり直しても元画像を参照するので劣化しない。

画像の変形の仕方

画像を変形する手順、変形方法の種類を説明しています。

Photoshopの自由変形の使い方・レイヤーサイズの変更【初心者向け】
Photoshopの画像の変形機能「自由変形」について見ていきます。ほとんどの方にとって一番よく使う変形機能が自由変形だと思います。画像の周りにできる4点のハンドルの位置を変えて変形を行います。単純な拡大・縮小、回転、平行四辺形変形、台形変形などの変形ができます。
Photoshop のゆがみフィルターの使い方【初心者向け】
Photoshopの画像の変形機能「ゆがみ」について見ていきます。指定したレイヤーをブラシでなぞって”ふにゃっ”とした形に変形を行います。また、再構築ツールで変形した一部を元に戻したり、スムーズツールで形を滑らかにしたりできます。
Photoshop のワープ変形(メッシュ変形)の使い方【初心者向け】
Photoshopの画像の変形機能「ワープ」について見ていきます。画像の上下左右角4点にハンドルが現れて、ハンドルの位置と角度を変えることで曲線的な変形を行います。さらに分割数を増やすことでハンドルを増やすことができ、より細かい変形をすることができます。
Photoshop のパペットワープの使い方【初心者向け】
Photoshopの画像の変形機能「パペットワープ」について見ていきます。画像を三角メッシュで分割してピンを打って動かすことで、操り人形のように引っ張って変形させることがでます。主にポーズを変えたりするときに便利です。これをゆがみでやると手の太さとか形を維持するのが難しいです。

色補正の仕方

色補正をするうえで避けて通れないトーンカーブについてやさしく説明しています。

Photoshopのトーンカーブの使い方【初心者向け】
Photoshopで色調整をするときに一番基本になるのがトーンカーブです。初心者の方は「明るさ・コントラスト」や「レベル補正」に慣れている方が多いかもしれません。しかしトーンカーブを理解すれば、この二つの機能は不要になります。

色相・彩度も合わせて使えるとぐっと補正レベルが上がります。

簡単そうで奥の深いPhotoshopの色相・彩度の使い方
今回はPhotoshopの色相・彩度の使い方について紹介していきます。トーンカーブが使えるようになったけど、大幅な色がえをしたときに画質が破綻してしまう。トーンカーブで色調整をしたときに鮮やかになりすぎてしまった。このような時に色相・彩度が役に立ちます。

画像のファイル形式

画像を保存するときのファイル形式について説明しています。どのような形式で保存すればよいか、分野別に解説しています。

画像のファイル形式について、各形式のメリットとデメリット
Photoshopなど画像編集のアプリケーションで画像を保存するとき、いろいろなファイル形式が選べます。画像を保存するときにどのファイル形式を選べばいいのでしょうか。各ファイル形式のメリット・デメリットをまとめて説明します。

ショートカットによる画面操作

ショートカットキーの組み合わせで基本動作をする方法についてまとめています。

Photoshop 画面操作・ブラシサイズ変更のショートカット
Photoshopでは画面操作にキーボードショートカットが用意されていて、左手位置をキープして作業することで作業がスムーズになります。ここでは基本的なショートカットを紹介します。

Camera RawとCamera Rawフィルターの使い方

撮影データ現像に使うCamera Rawと、色々な用途に便利に使えるCamera Rawフィルターについて説明しています。

PhotoshopのCamera Rawの使い方 現像を思いどおりに
デジタルカメラで撮影されたデータには主にjpegとRawデータがあります。このうちプロ・ハイアマチュア向けのデータがRawデータです。Camera RawというのはPhotoshopに内蔵されているRawデータを現像するプラグインです。
Photoshopの Camera Raw フィルターの使い方
Camera Raw フィルターとはPhotoshopがもともと持っていた撮影データ現像機能である「Camera Raw」を現像データ以外にも適用できるようにフィルター化されたものです。

アクションの使い方

操作を記録して自動化するアクションについて説明しています。

超簡単!Photoshopのアクションの使い方【記録と再生】
Photoshopのアクション、なんだか覚えにくいと思って敬遠されている方も多いと思います。アクションは実は単純作業のスピードアップにめちゃめちゃ効率的な機能で、とても簡単に作業を自動化できます。またアクションが使えるようになるとバッチ、ドロップレットなど更に便利機能も思いのままです。
Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】
前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。

バッチ処理で複数ファイルを一括処理

アクションを覚えたら複数ファイルに同じアクションを適用するバッチ処理も覚えてみてください。

Photoshopのバッチ処理 複数ファイルを一括処理
Photoshopの「バッチ」は「アクションで登録しておいた処理」を複数ファイルに一括で適用できるとても便利な機能です。 「ファイル」メニューから「自動処理」→「バッチ」を選びます。

ドロップレットを使った一括処理

デスクトップなどに置いておいて、ファイルをドラッグしてアクションを実行できるドロップレットも便利な機能です。

Photoshopのドロップレット ドラッグ&ドロップで一括処理
ドロップレットの機能 アクションを使った応用でバッチ処理ともう一つ便利な機能がドロップレットです。 ドロップレットはファイルをアイコンにドラッグすることで、自動的に指定したアクションを実行する機能です。 アクションとバッチ処理...

空の置き換え

Photoshop2021から搭載された、空の置き換え機能です。

Photoshopの空の置き換えの使い方【簡単操作で別の空に】
Photoshop2021から搭載されたの空の置き換えを紹介していきます。 プリセットから希望の空を選ぶだけで、画像の空を自動的にマスキングして別の空に入れ替えることのできる機能です。 それでは使い方を見ていきましょう。

ニューラルフィルター

こちらもPhotoshop2021から搭載された深層学習AIを用いたフィルターです。

Photoshop2021の新機能ニューラルフィルターの使い方
Photoshop2021で新しく搭載されたニューラルフィルターについて紹介していきます。 ニューラルフィルターというのはAdobeのAI技術を使ったフィルターで、今までは複雑な工程が必要だった作業をPhotoshopが自動的に行うものです。

 

ここから下は自動更新です。
Photoshop基礎知識

【初心者向け】Photoshop フォトショップの使い方、次の一歩

以前に初心者の方向けにPhotoshopの始め方の記事を書いたのですが、次のレベルに行くためのやや緩やかな説明がいるように思ったので、Photoshopの使い方の次の一歩として使い方の流れを書いていきます。
Photoshop基礎知識

簡単そうで奥の深いPhotoshopの色相・彩度の使い方

今回はPhotoshopの色相・彩度の使い方について紹介していきます。トーンカーブが使えるようになったけど、大幅な色がえをしたときに画質が破綻してしまう。トーンカーブで色調整をしたときに鮮やかになりすぎてしまった。このような時に色相・彩度が役に立ちます。
Photoshop基礎知識

Photoshop2021バージョン22.5のワープの変更点

Photoshop2021バージョン22.5(2021年8月リリース)ではワープ変形に新しいオプションが加えられています。 変更点は大きく2点です。・グリッド内のハンドルの自由度が向上しました。・ワープガイドラインの色の選択などの設定が加わりました。
Photoshop基礎知識

Photoshopの空の置き換えの使い方【簡単操作で別の空に】

Photoshop2021から搭載されたの空の置き換えを紹介していきます。 プリセットから希望の空を選ぶだけで、画像の空を自動的にマスキングして別の空に入れ替えることのできる機能です。 それでは使い方を見ていきましょう。
Photoshop基礎知識

Photoshop2021の新機能ニューラルフィルターの使い方

Photoshop2021で新しく搭載されたニューラルフィルターについて紹介していきます。 ニューラルフィルターというのはAdobeのAI技術を使ったフィルターで、今までは複雑な工程が必要だった作業をPhotoshopが自動的に行うものです。
Photoshopトラブル

Photoshopバージョン22.5以降の3D機能の廃止と今後について

突然の発表ですが、Photoshop2021(2021年8月リリースのバージョン22.5)以降において3D機能が段階的に廃止されることになりました。これからも3D機能を使い続けたい場合、Photoshop2021バージョン22.2のダウンロードをお勧めします。
Photoshop基礎知識

Photoshopのドロップレット ドラッグ&ドロップで一括処理

ドロップレットの機能 アクションを使った応用でバッチ処理ともう一つ便利な機能がドロップレットです。 ドロップレットはファイルをアイコンにドラッグすることで、自動的に指定したアクションを実行する機能です。 アクションとバッチ処理...
Photoshop基礎知識

Photoshopのバッチ処理 複数ファイルを一括処理

Photoshopの「バッチ」は「アクションで登録しておいた処理」を複数ファイルに一括で適用できるとても便利な機能です。 「ファイル」メニューから「自動処理」→「バッチ」を選びます。
Photoshop基礎知識

Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】

前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。
Photoshop基礎知識

超簡単!Photoshopのアクションの使い方【記録と再生】

Photoshopのアクション、なんだか覚えにくいと思って敬遠されている方も多いと思います。アクションは実は単純作業のスピードアップにめちゃめちゃ効率的な機能で、とても簡単に作業を自動化できます。またアクションが使えるようになるとバッチ、ドロップレットなど更に便利機能も思いのままです。
Photoshop基礎知識

Photoshopの Camera Raw フィルターの使い方

Camera Raw フィルターとはPhotoshopがもともと持っていた撮影データ現像機能である「Camera Raw」を現像データ以外にも適用できるようにフィルター化されたものです。
Photoshop基礎知識

PhotoshopのCamera Rawの使い方 現像を思いどおりに

デジタルカメラで撮影されたデータには主にjpegとRawデータがあります。このうちプロ・ハイアマチュア向けのデータがRawデータです。Camera RawというのはPhotoshopに内蔵されているRawデータを現像するプラグインです。
Photoshop基礎知識

Photoshopのスマートオブジェクトの使い方と利点

Photoshopのスマートオブジェクトとは、簡単に言うとレイヤーをまとめて一つのレイヤーにする機能のことです。 様々なメリットがありますが、大きなメリットは次のとおりです。レイヤーをまとめることができる。 変形を何度もやり直しても元画像を参照するので劣化しない。
Photoshop基礎知識

Photoshop 画面操作・ブラシサイズ変更のショートカット

Photoshopでは画面操作にキーボードショートカットが用意されていて、左手位置をキープして作業することで作業がスムーズになります。ここでは基本的なショートカットを紹介します。
Photoshop基礎知識

【初心者向け】Photoshop フォトショップの使い方

今回は超初心者の方向けとしてPhotoshopのアプリケーションの始め方(起動の仕方)からなるべくわかりやすく説明していきます。
Photoshop基礎知識

Photoshop2021のコピーを保存の使い方

Photoshop2021のバージョン22.4.0から「コピーを保存...」というメニューが加わりました。もともと「別名を保存」からできていた、レイヤー状態のファイルの .jpg .png .pdf 形式への書き出しができなくなってしまったため、混乱している人も多いみたいです。
Photoshop基礎知識

画像のファイル形式について、各形式のメリットとデメリット

Photoshopなど画像編集のアプリケーションで画像を保存するとき、いろいろなファイル形式が選べます。画像を保存するときにどのファイル形式を選べばいいのでしょうか。各ファイル形式のメリット・デメリットをまとめて説明します。
Photoshop基礎知識

Photoshopの画像解像度とカンバスサイズの設定変更【画像サイズ変更】

Photoshopの画像解像度とカンバスサイズについて説明します。解像度について理解できていないと画像解像度の機能の説明がわかりにくいと思うので、まずは初心者の方向けにピクセルと解像度から説明していきます。
Photoshop基礎知識

Photoshop のパペットワープの使い方【初心者向け】

Photoshopの画像の変形機能「パペットワープ」について見ていきます。画像を三角メッシュで分割してピンを打って動かすことで、操り人形のように引っ張って変形させることがでます。主にポーズを変えたりするときに便利です。これをゆがみでやると手の太さとか形を維持するのが難しいです。
Photoshop基礎知識

Photoshop のワープ変形(メッシュ変形)の使い方【初心者向け】

Photoshopの画像の変形機能「ワープ」について見ていきます。画像の上下左右角4点にハンドルが現れて、ハンドルの位置と角度を変えることで曲線的な変形を行います。さらに分割数を増やすことでハンドルを増やすことができ、より細かい変形をすることができます。
Photoshop基礎知識

Photoshop のゆがみフィルターの使い方【初心者向け】

Photoshopの画像の変形機能「ゆがみ」について見ていきます。指定したレイヤーをブラシでなぞって”ふにゃっ”とした形に変形を行います。また、再構築ツールで変形した一部を元に戻したり、スムーズツールで形を滑らかにしたりできます。
Photoshop基礎知識

Photoshopの自由変形の使い方・レイヤーサイズの変更【初心者向け】

Photoshopの画像の変形機能「自由変形」について見ていきます。ほとんどの方にとって一番よく使う変形機能が自由変形だと思います。画像の周りにできる4点のハンドルの位置を変えて変形を行います。単純な拡大・縮小、回転、平行四辺形変形、台形変形などの変形ができます。
Photoshop基礎知識

Photoshopのパスの使い方【初心者向け】

Photoshopのパスの使い方について解説します。Photoshopのパスとはペンツールを使って作る、画像を囲む線のことです。パスを作ることで画像を切り抜いたり、色調整の選択範囲を指定したりします。パスの利点は画像を拡大しても再利用が可能なことです。
Photoshop基礎知識

Photoshopのチャンネルとは何か、アルファチャンネルの使い方【初心者向け】

Photoshopのチャンネルとは何かについて、初心者の方向けに解説していきます。チャンネルっていきなり言われても何のこと?ってなる方もいると思いますが、全然大丈夫です。画像には主にRGB画像とCMYK画像があります。
スポンサーリンク
SNSでPhotoshop Bookをフォロー
タイトルとURLをコピーしました