Photoshopの選択範囲と画像の切り抜き【初心者向け】

Photoshop基礎知識

Photoshopでのレタッチで一番よく使われる作業が選択範囲の作成と切り抜きです。

たとえば、

  • 画像の一部だけ色を変えたいとき
  • 背景と人物を別々で撮影して一枚の絵柄に合成したいとき

にこの作業が必要になります。Photoshopでは何かの作業をする準備段階として、まず選択範囲を設定するという状況になることが多いです。

選択範囲を作成してレイヤーマスクを追加ボタンを押すと、レイヤーマスクが作られて切り抜かれた状態になります。

Photoshopの選択範囲を作成の例

レイヤーマスクの状態にしておいたほうが、きわの部分が調整できるので丁寧な後処理が可能になります。

Photoshopのレイヤーマスクの作り方

この選択範囲を効率的に行うことが生産性を劇的に上げることにつながります。

それでは代表的な選択方法を見ていきましょう。

スポンサーリンク

長方形選択ツール・投げ縄選択ツール

Photoshoの長方形選択ツールと投げ縄選択ツール

一番基本的な選択方法です。

文字通り、長方形ツールは長方形で画像を囲むことで選択をします。

投げ縄選択ツールはフリーハンドで画像上をなぞって選択したい場所を囲みます。

クイックマスクとブラシツールを使った選択

Photshopのクイックマスクのやり方

こちらも基本的で手動の選択方法です。

まずキーボードのQキーを押すか、上の図のツールバーのボタンでクイックマスクモードします。

クイックマスクモードの時にブラシで色を塗ると、再度Qキーを押してクイックマスクモードを解除したときに塗った部分(または塗っていない部分)が選択範囲とされます。

塗った部分を選択範囲にするか、塗っていない部分を選択範囲にするかは上図①④と同じクイックマスクのアイコンをダブルクリックで設定できます。

Photshopのクイックマスクオプション

ブラシツールの使い方についてはこちらの記事も参考にしてください。

自動選択ツール

Photoshopの自動選択ツール

自動とはいえ、ほぼ手動です。画像上でクリックした箇所に隣接する近い色を一度に選択します。

Photoshoの自動選択ツールの選択例

許容値のところでどのくらい近い色を選択するか設定できます。

Photoshoの自動選択ツールの許容値オプション

さらにSHIFT+クリック、Alt(option)+クリックで、選択範囲を増やしたり減らしたりしてちょうどいい状態まで続けます。

被写体を選択

Photoshopの被写体を選択

Photoshopが画像を解析して、ここが被写体だなと思われる部分を選択します。背景が複雑な画像ではうまく切り取りしてくれません。

これ一発できれいに選択できるというほどの精度ではまだないので、のちに出てくる「選択とマスク」を併用して使われることが多いと思います。

クイック選択ツール

Photoshopのクイック選択ツール

「被写体を選択」をやや手動にしたようなツールで、カーソルでなぞった近辺のものを輪郭検出して選択します。こちらも一発できれいに輪郭をとらえてくれることは少ないので、「選択とマスク」を併用して使われることが多いと思います。

選択とマスク

Photoshopの選択とマスク

選択範囲やレイヤーマスクを作った後に、その選択範囲やマスクを広げたり狭めたりして調整する機能です。

境界線選択ツールでは、人の髪の毛や動物の毛などもきれいにマスクしてくれます。

ペンツール(パス)を使った選択

Photoshopのペンツール

こちらはペンツールを使ってベジェ曲線(パス)で選択したい範囲を囲むことで、選択範囲を作ります。

ベジェ曲線は曲線の山になる箇所に点を打ち、そのあと曲線のしなり具合を設定して曲線を作ります。

工業製品などの幾何形体を囲むときは、このツールが適しています。

パスについてはこちらの記事で解説しています。

チャンネルを使った選択

Photoshopのチャンネルを使った選択例

画像のRGBチャンネルの濃淡を使って選択範囲を作ります。

これが使いこなせるようになるとPhotoshop中級者といっていいと思います。ただちょっと慣れが必要です。チャンネルを使った切り抜きについては、別記事でやり方を紹介しています。ぜひご覧ください。

色域指定を使った選択

Photoshopの色域指定

RGBチャンネルでは取るのが面倒なCMYの色域でたまに効果を発揮します。

Photoshopの色域指定の例

基本的には初心者向けですが、ベテランでも意外と使える選択方法です。

色域指定を使った切り抜きについてはこちらの記事で説明しています。

大まかな分類は以上になります。

いかがでしょうか。見てきたように選択範囲、マスクの作り方だけでもこのようにさまざまな種類の選択方法があります。

初心者の方は手段が多くて戸惑うかもしれませんが、ここにあげてきたものを状況に応じて使い分けることで、切り抜きの作業スピードが飛躍的に上がります。

ぜひマスターしてくださいね。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました