PureRefの簡単な使い方を紹介【見本画像をみながら作業】

画像アプリケーション
スポンサーリンク

PureRefとは

  • 画像を作るときに常にイメージ見本を表示させたい
  • 見本画像を見ながら作業したいけどウィンドウの切り替えが面倒
  • たくさんの画像を並べてそれを見ながら作業したい

こんなとき画像ビューアPureRefが役に立ちます。PureRefはいろいろな画像を見本として常に表示しておくためのPCアプリケーションです。

PureRefは現状はおもに3DCG系の人が使っていることが多いですが、2D系のレタッチ・イラストの人でもかなり役立つはずです。

使用環境

Windows Mac Linuxで使用可能です。

  • Windows:Windows7以降
  • Mac:MacOS10.12以降
  • Linux:Ubuntu14.04以降およびCentOS7では動作確認されていますが、ほとんどのディストリビューションで使用可能

使える画像形式

主な画像形式には対応しています。Illustratorの.aiファイルには対応していません。

BMP, DDS, GIF(アニメーションGIFの場合は最初のフレームのみ), ICNS, ICO, JPEG, JP2, MNG, PBM, PGM, PNG, PNM, PPM, PSD, TIFF, WEBP, XBM, XPM, TGA, SVG, EXR

PureRefのダウンロード

公式Downloadページからダウンロードすることができます。

まずは今使っているプラットフォームを選びます。

PureRefのダウンロードOS選択

次に価格を選択します。

PureRefのダウンロード額の選択

無料(€0と入力)でダウンロードして使用することも可能ですが、寄付も受け付けています。

頻繁に使用する場合は寄付をしましょう。(当ページはプロモーションではありません。念のため。)

支払方法はPaypal、VISA、Master Cardのどれかです。

私もこの機会に寄付をしました。€5で673円です(Paypal2021/9/21現在)。

 

寄付するとかわいい犬のアニメーションGIFが見られます!

PureRefのインストール

PureRefのインストール画面です。Windows版で説明します。

Macの場合はダウンロードした.dmgファイルを開いたら、PureRefのアイコンをアプリケーションフォルダにドラッグで完了です。

ライセンス許諾です。通常の使い方だと特に気にする項目はないです。

アプリケーションは商用利用可で、画像をネット上にアップされる心配もありません。

PureRefのインストール1

インストール場所を指定します。

PureRefのインストール2

ファイルタイプの関連付けです。ファイルをダブルクリックでPureRefを立ち上げたい場合、ここで指定します。

PureRefのインストール3

「Install」をクリックでインストールが始まります。

PureRefのインストール4

PureRefのおもな使い方

PureRefを起動させるとこのような画面になります。

ウインドウの位置の移動はウィンドウ上で右ボタンドラッグです。

PureRefの初期画面

ウィンドウの”上下左右端”や”四隅”にカーソルを合わせるとカーソルが以下の図のようになり、ウィンドウサイズを変更できます。

PureRefのウィンドウサイズの変更

画像の入ったフォルダを開いておいて画像ファイルをPureRefのウィンドウにドラッグすると、PureRefのウィンドウに画像が表示されます。

PureRefへの画像ドラッグ

画像ファイル自体の保存場所は移動されたりしないので安心してください。

 

画像の拡大・縮小

画像をドロップしたところです。このままでは画像が大きすぎて全体が見えないので、

PureRefの画像表示

Ctrl(Command)Alt(Option)を押しながら左右ドラッグで画像を拡大・縮小します。

PureRefの画像縮小

画像の位置移動

PureRefのウィンドウ内で画像をドラッグすると画像の位置を変えられます。

PureRefのウィンドウ内で画像の移動

このような動作で次々と画像を並べていくことができます。

PureRefのウィンドウに画像を並べる

 

メニュー表示

PureRefのウィンドウ上で右クリックすることでメニューを表示させることができます。

PureRefの右クリックメニュー

常に手前に表示

よく使うのはPureRefのウィンドウを常に手前に表示させるかどうかの設定です。

「Mode」→「Always On Top」にチェックが入っていると常に手前に表示されます。再度「Always On Top」を選ぶと解除されます。

PureRefの常に手前に表示設定

画像の消去

配置した画像を消去するときは画像をクリックしてDeleteキーです。

画像ファイル自体は消えないので安心してください。

PureRefで画像消去

拡大・縮小表示

マウスホイールで拡大表示・縮小表示もできます。

PureRefのウィンドウ拡大・縮小表示

終了

右クリックから「Close」でPureRefを終了します。

PureRefの終了

「Close」を選ぶと今画像を並べた状態を保存するか聞いてきてくれます。保存する場合は「Save」、保存しない場合は「Don’t Save」、終了をキャンセルする場合は「Cancel」です。

PureRefの保存ウィンドウ

PureRefのいいところ

動作が軽く、じゃまにならずに好きな大きさで画像を表示しておけるところが、PureRefのいいところです。

ここでは簡単な使い方だけに絞りましたが、細かい機能はかなり多いので、こだわり派の方はいろいろ試してみてください。

見本を表示しておくだけではなく、フォトスタンドのようにお気に入りの画像を飾っておくという使い方もいいですね。

Photoshop以外の画像アプリケーションについての情報はこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

画像アプリケーション
「画像アプリケーション」の記事一覧です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました