Photoshopを快適に使うためのPCのおすすめスペック

モニターPhotoshopテクニック
スポンサーリンク

Photoshopを使うための推奨スペックとは

Adobe Photoshop(フォトショップ) は、アメリカのAdobe(アドビ)という会社が開発している、画像編集アプリケーションです。

Photoshopは主にMacやWindowsなどのPCで使われています。PCの必要スペックはどのくらいなのでしょうか。

Adobe公式サイトに必要システム構成のページがあります。

最小構成とおすすめ構成があるのですが、おすすめ構成以上の方がいいと思います。

おすすめ構成を大まかにまとめると以下のようになります。

  • Windows:64ビットのCPU、Windows10、16GB以上のRAM
  • Mac:64ビット Intel CPUまたはApple Silicon CPU、macOS Mojave(バージョン 10.14)以降、16GB以上のRAM
用途によって、たとえばWeb用画像の制作で画像サイズが小さくてもいいよ、という場合は最小でも問題ないでしょう。またポスター画像制作などサイズの大きい制作をする場合はおすすめ構成でも物足りない場合があります。

ここでPhotoshopを使用する場面に応じて、重視するスペックを解説します。

CPU(プロセッサー)

Photoshopは基本シングルCPUでの動作です。

価格面ではマルチコアよりはシングルコアの高クロックのものが安くてよいです。

もちろん動画や3DCGなど別の用途でマルチコアも使うという場合は、マルチコアでも全く問題ありません。

Windowsの場合

Intel製CPU(corei-5、corei-7、core-i9など)と、AMD製CPU(Ryzen5、Ryzen7、Ryzen9)の選択になります。

コスパで人気のRyzenですが私も使っています。Photoshopの動作ですが、Ryzen9で2年ぐらい使っていてプラグイン含めて目立って不具合が起きたことはないです。Ryzenもおすすめです。

Cerelon CPUはローエンドCPUのため動作が遅いと思います。安価なので安さが売りのPCに多く使われていますが価格なりの性能となり、動作はかなり遅いです。長く使いたいならなるべく避けた方がよいです。

Macの場合

軽めの作業であればMac Book・iMac、ヘビーな作業であればMacProという選択になります。

またCPUの新旧ではIntelとApple Silicon(M1・M1 Pro・M1 Max)のCPUの選択肢があると思います。

Apple Silicon(M1)はメモリ搭載量の上限があるので注意してください。現状(2021年9月)最大で16GBですのでウェブ用途以外の大きな画像(大体3000pixel以上)には向いてないと思います。

Apple Silicon(M1 Pro・M1 Max)は最大メモリ搭載量がそれぞれProは32GB・Maxは64GBなので安心です。用途に応じて選んでください。

WindowsかMacか

WindowsかMacかどちらがいいのかという選択もあると思います。

Photoshopの開発はどちらかというとMacが先行で行われているように思います。Window版は後発なこともあり(といってもかなり古いのですが)、軽めのバグが長い間放置されていることも多いです。初心者の方は気がつかないくらいのレベルのことなのですが、長く使っていると気になることもあるかと思います。

完全に50/50の選択ならMac版の方が挙動も早いです。

ただMacの場合はスペックを求めるとどうしても価格がかなりあがってしまうこともあり、PCの価格面でWindows版を選ぶ方も多いです。ちなみに私はWindowsを使っています。

PassMark より CPUベンチマークスコア(右の数値が高いほど速い)

Apple M1 8core 15143

AMD Ryzen9 5900X 39549
AMD Ryzen9 3900X 32873
AMD Ryzen7 5800X 28496
AMD Ryzen7 3800X 23325

Intel Core i9-10980XE 33856
Intel Core i9-9980XE 32424
Intel Core i7-11700K 25080
Intel Core i7-11700KF 24139
Intel Core i7-11700F 21613

RAM(メモリ)

画像サイズとレイヤー数によって必要メモリが変わってきます。

大きな画像や多くのレイヤーを扱う場合、メモリが少ないと動作速度が極端に落ちるため、メモリ搭載量はかなり重要です。

  • Web用途など一辺が1000~2000pixel程度の画像であれば、16GBぐらいあればよいと思います。
  • ポスターサイズのレタッチなど一辺が5000~10000pixelの画像を使用するのであれば、32~64GBをお勧めします。
  • 大抵の人は64GBで十分ですが、3Dや動画などメモリを大量に消費する複数のアプリケーションを並列で動かしたいときは64GBでも足りないことがあります。

仮想記憶ディスク

Photoshopが動作中にメモリが足りなくなったときに、一時的にデータを仮想記憶ディスクに移動させます。大きなサイズの画像ではこの移動を頻繁に行います。

そのため環境設定で仮想記憶ディスクに起動ディスク以外を指定すると、大きな画像や多くのレイヤーの処理がかなり早くなります。M.2SSDなどの読み書きが高速なSSD(500GB程度)を仮想記憶ディスクに指定できると最善です。

もしSSDが無理でもHDDがあるだけでかなり変わってくるので、大きな画像を扱う場合は仮想記憶ディスクが必須です。

GPU(グラフィックカード)

画面表示の高速化に利用されていますので、ある程度のスペックは要求されます。

現状では特に高速なものは必要ないかと思いますが、今後GPUの要求スペックは高くなっていくと思うので、Geforce RTX2060やGeforce RTX2060SUPER以上が良いと思います。

Macの場合はiMacやMac Proに最初から搭載されているグラフィックカードで問題ないでしょう。

インターネット環境

ネット接続は必須です。

Adobe Creative Cloudアップデート時のダウンロード時間や、オンラインでのファイル共有などにネットワーク接続が使用されます。

高速なネット環境があれば快適ですが、オンラインで作業を共有しないのであれば、ネット接続スピードは特に高速なものは必要ではありません。

モニター

予算的に可能であればキャリブレーション(カラーマネジメント)ができるEIZOのColorEdgeがいいです。

デュアルディスプレイ(2画面モニター)か広めのシングルディスプレイ環境がベストです。デュアルディスプレイの場合サブディスプレイはメニュー置き場として安いものでもいいと思います。

作業効率の面では2画面にして左モニタに画像表示、右モニタにレイヤー、チャンネルなどのパネル類が配置できた方がよいです。

シングルモニタでも作業できなくもないですが、肝心の画像が広く表示できず、広く表示しようとするとパネル類の表示が限られてくるため、どちらかを犠牲にすることになります。

レタッチで多レイヤーを動かすときには必須になってくると思います。

逆にイラスト制作やウェブ用画像制作などでレイヤーをあまり使わない、なおかつ大きく画像表示することが必要でない場合はシングルモニタでも十分です。



ペンタブレット

安いものでもいいのでPCとは別途WacomのペンタブレットIntuosIntuos Proなどを用意したいところです。

マウスよりは単純に生産性が上がります。

また、マウスで操作していて肩こりに悩まされていた人が、ペンタブレットに変えたとたん治るケースも多いです。

中国メーカーの安価なペンタブレットもありますが、耐久性、安定性の面でワコムを選んでおいた方が無難かと思います。

タブレットの大きさ、筆圧の段階スペックは人によると思います。

私の場合はタブレットの大きさはA4~A5で十分。筆圧の段階も少なくてもいい派です。大きいと腕がつかれますが、腕の大きなストロークで描きたい人もたまにいます。

【おすすめ】PC販売各社のクリエイターズPC

PCパーツとか詳しくないので手っ取り早くなおかつ安くPCを購入したい、という方はPC販売各社のクリエイターPCやゲーミングPCがおすすめです。私は自宅のPCはFRONTIERさんから購入しました。

上に書いたメモリ・SSDなどの各スペックを満たしていればゲーミングPCという選択肢もあります。注文時にメモリ容量だけカスタマイズするのがよいかと思います。

FRONTIER クリエイターPC

パソコンショップSEVEN ゲーミングPC

Sycom ゲーミングPC

STORM ゲーミングPC

まとめ

Photoshopで特に重要なのはRAM(メモリ)と仮想記憶ディスクです。CPUも影響しますが、作業時間の大部分は画像の配置・マスク作成・色調整が占めると思うので、そこそこのCPUであればいいと思います。
おすすめスペックは
  1. WindowsではCorei-7~i-9またはRyzen7~9のCPU、MacではMacPro
  2. 32~64GBのRAM
  3. M.2SSDの仮想記憶ディスクです。

大きなサイズの本格的なフォトレタッチでは数百枚のレイヤーを作りながらの作業になることも多いので、PCを選ぶときのメモリ上限は要チェックです。

CPUも価格面で余裕があれば、クロック数(~GHz)の数値が高いほうが作業効率はよいです。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました