Photoshopのトーンカーブの使い方【初心者向け】

Photoshop基礎知識
スポンサーリンク

トーンカーブの重要性

Photoshopで色調整をするときに一番基本になるのがトーンカーブです。

初心者の方は「明るさ・コントラスト」や「レベル補正」に慣れている方が多いかもしれません。確かにこの二つは見た目と名前がわかりやすく、操作がしやすいのが利点です。

しかしトーンカーブを理解すれば、この二つの機能は不要になります。

「明るさ・コントラスト」や「レベル補正」をトーンカーブでどのように再現できるかは、こちらで公開されているPSDファイルで確認できます。非常によくできたPSDファイルです。

色を調整しつつ明暗もコントラストも調整できる、トーンカーブを理解することがPhotoshopを使いこなすための大事な関門の一つです。

慣れてしまえばトーンカーブも直観的かつ、より効率的に、高精細に明るさや色が動かせるようになるので、マスターすると画像の調整がかなり楽になります。

この記事を読めば、トーンカーブも理解することができると思います。

トーンカーブはどこ

たとえば、以下のような全体的に白っぽく明るい画像があります。

白っぽい建物

トーンカーブはどこにあるのかというと、レイヤーパネルのこの位置にあります。レイヤーパネルが表示されていない場合は「ウィンドウ」メニューの「レイヤー」から表示させます。

Photoshopのレイヤーパレットの新規トーンカーブ

レイヤーパネルで新規調整レイヤーを作って、トーンカーブを作成してみましょう。

トーンカーブの調整レイヤーが出来ました。

Photoshopのトーンカーブレイヤー

こちらが、そのカーブです。

Photoshopのトーンカーブ例

ちなみに後ろのグリッド(升目)はAlt(option)を押しながらクリックでサイズが変わります。

Photoshopのトーンカーブグリッド切り替え

ヒストグラムの意味

後ろの山型のグレーはヒストグラムといって、トーンカーブをかける前の画像の明度の分布を表しています。

白っぽい建物

今建物の画像は明るいところの量が多いので、右側にグレーの高い山があるのが見てとれます。

Photoshopのトーンカーブ例

反対に以下のような全体が暗い画像の場合、

暗めの建物

同じようにトーンカーブを作ると

Photoshopのトーンカーブ例

左側にグレーの高い山ができますね。背景になっている画像に暗いところが多いということを表しています。

Photoshopのトーンカーブ例

次に下のような画像ではどうでしょうか

曇り空

白っぽく明るいとこのがない画像なので、下図のように右端の一番明るいゾーンにグレーの山がないですね。

Photoshopのトーンカーブ例

どんよりした空の面積が大きい画像なので、右端から少し離れて真ん中よりのところに一番高い山があります。

次に下のような画像の場合です。

黒が浅い風景

真っ黒なところがない画像なので、下図のように左端の一番暗いゾーンにグレーの山がないですね。

Photoshopのトーンカーブ例

真っ黒な黒ではないところが面積的に多い画像なので、左端から少し真ん中よりのところに一番高い山があります。

Photoshopのトーンカーブ例

それで、肝心のトーンカーブの操作の仕方ですが、斜めに伸びているカーブ(動かしていないときは直線)のどこかをドラッグして上に動かすと明るく、下に動かすと暗くなります。

カーブのどこかをクリックやドラッグすることで出来る点のことをコントロールポイントと呼びます。

また、不要になったコントロールポイントはトーンカーブの枠外にドラッグすることで消去することができます。

Photoshopのトーンカーブのコントロールポイント

トーンカーブの操作

以下の画像で操作してみましょう。フリー素材サイトUnsplashからダウンロードできます。

ぜひ一緒にやってみてください。

Photo by Kamil Feczko on Unsplash
Singer. Download this photo by Kamil Feczko on Unsplash

ライトアップされたカラフルな歌う人

カーブの真ん中あたりをでクリックして、そのまま上げると明るくなります。

Photoshopのトーンカーブ例

カーブの真ん中あたりを下げると暗くなります。

Photoshopのトーンカーブ例

ではカーブのどこをつかむのか、なのですが先ほどのグラフの左が暗い部分、右が明るい部分を表しているということを思い出してください。

グラフの左右は画像の中の明るさに対応しています。

  • 画像の明るい部分を操作したいときは、カーブの真ん中より右側を上下させます。
  • 反対に暗い部分を操作したいときは、カーブの真ん中より左側を上下させます。

また「ターゲット調整ツール」を使うことで、画像のどの箇所がどこのカーブの位置に対応するかがわかります。ターゲット調整ツールはトーンカーブのプロパティパネルの下の図の位置にあります。

ターゲット調整ツールをクリックすると、カーソルがスポイトアイコンに変わります。

Photoshopのトーンカーブターゲット調整ツール

そのまま画像上でクリックするとカーブの対応する位置にコントロールポイントを作ることができ、そのまま上下にドラッグすれば明るさが変わります。

カーブの例

では実際に画像の明暗をコントロールするときにどのようなカーブになるのか見ていきましょう。

たとえば、画像の明るい部分だけを暗くしたい場合、以下のようなカーブになります。

Photoshopのトーンカーブ例

少ない点の数で明部だけ動かすとS字型のカーブになってしまうため、コントロールポイントを多く打って暗部をキープしています。

画像の暗い部分だけを暗くしたいときは以下のようなカーブになります。

Photoshopのトーンカーブ例

こちらも明部をキープするためにコントロールポイントを多く打っています。

画像の明部を明るくしつつ、暗部を暗くしたい、つまり画像のコントラストを上げたい場合はもっとコントロールポイントの数が少なくて済みます。カーブは下のようなS字のカーブになります。

Photoshopのトーンカーブ例

 

逆に画像のコントラストを下げたい場合は下のような逆S字のカーブになります。

Photoshopのトーンカーブ例

また、明るい部分を真っ白にして飛ばしたいときは下のようなカーブになります。

Photoshopのトーンカーブ例

逆に暗い部分を黒くつぶしたいときは下のようになります。

Photoshopのトーンカーブ例

白に色を乗せて暗くしていく時は下のようなカーブです。

Photoshopのトーンカーブ例

逆に黒を浅くグレーにしていくのは下のようになります。

Photoshopのトーンカーブ例

RGB各カーブの操作

ここまでは「RGB」のカーブを見てきました。

トーンカーブの上の「RGB」と書かれたプルダウンメニューをクリックすると、

PhotoshopのトーンカーブのRGB切り替え

「レッド」、「グリーン」、「ブルー」の三つが選択できます。

PhotoshopのトーンカーブのRGB切り替え

ここを変えて「レッド」、「グリーン」、「ブルー」のどれか選ぶことで、個々のカーブを調整することができます。

「RGB」のカーブはこの三つのカーブのミックスでできています。

RGBのカーブを動かしつつ、「レッド」、「グリーン」、「ブルー」の個々のカーブを動かすこともできますが、意味的には二重に調整していることになります。ただ、この動かし方も間違っているわけではありません。

RGBのカーブを初期化(作ったコントロールポイントを枠外にドラッグして消去)してレッド、グリーン、ブルーのカーブを操作してみましょう。

レッドチャンネルに変えてレッドを上げてみます。

Photoshopのトーンカーブ例

グリーンチャンネルでグリーンを上げてみます。

Photoshopのトーンカーブ例

ブルーチャンネルでブルーを上げてみます。

Photoshopのトーンカーブ例

ところで、レッドを上げた画像だけ、人物の緑の部分に変化があまりありませんね。

これは下図の白い丸のところに高い山があるのですが、画像のレッドが低い値のところに大きな面積があることを表しています。人物の緑~青黒っぽいところですね。

レッドが低い値のところは、山なりにカーブを上げても変化の度合いが小さく、カーブの高さがあまり変わっていないので人物の色がほとんど変わっていません。

Photoshopのトーンカーブ例

チャンネルパネルで、RGB、グリーン、ブルーの目のアイコンをオフにして、レッドだけ表示してみます。

人物のところはほぼ真っ黒ですね。レッドの値が低いことを表しています。

Photoshopのトーンカーブ例

 

では、チャンネルパネルでRGBチャンネルもONにして、戻ります。

もし全体的に赤くしたい時は端のポイントも上げてしまいます。

Photoshopのトーンカーブ例

ただしこれだと黒っぽいところは全部赤くなってしまうので、使いどころ次第ですね。

ところでモニタで表示される色(色相)には下図のような関係性があります。

RGB・CMYK色相環

ここで見ていただきたいのは、次のことです。

  • 反対に位置する色がどうなっているか
  • 隣り合わせにどのような色があるか

つまり、下のような反対に位置する色同士には関係性があり

  • レッドを下げると、反対側のシアン方向に
  • グリーンを下げると、反対側のマゼンタ方向に
  • ブルーを下げると、反対側のイエロー方向に

また、隣り合う色同士には下のような関係性があります。

  • レッドとグリーンを増やす=イエローを増やす
  • グリーンとブルーを増やす=シアンを増やす
  • ブルートレッドを増やす=マゼンタを増やす

それでは実際の画像でレッド、グリーン、ブルー各色のカーブを下げたパターンも見てみましょう。

レッドは下げても元々全体的に赤み成分が低い画像なので、下のようにそこまで変化はないですね。黄味に少しシアンが入って緑っぽくなっています。

Photoshopのトーンカーブ例

2ポイント作らないとカーブがベタっと下底についてしまうため、2ポイント作っています。

グリーンを下げると下のようにマゼンタが全体に入ってきます。黄色いところはミックスされて赤く、緑のところは青~紫に振られますね。

Photoshopのトーンカーブ例

ブルーを下げると下のように黄色みが強まります。

Photoshopのトーンカーブ例

ここでわかるのは元になる画像の性質によって、同じカーブでもどのように色が変化するか、の程度が変わってくることです。

まとめ

ここまでで、いろいろなトーンカーブのバリエーションを見ていただきました。

このような感じでときには明るさを調整したり、ときには色を変えたりして目的に沿って動かしていくのがトーンカーブです。

色変更という単純な作業でも、先ほどの色の関係性や、カーブをどのように編集するか、どこにコントロールポイントを打つかという知識と感覚が必要になります。

基本的な使い方は以上になります。

もし分からないところがあったら、コメント欄やtwitterなどで質問してください。

トーンカーブの理解の助けになりましたら幸いです。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました