Photoshop初心者におすすめの本タイプ別10冊

Stable Diffusion【2023年6月】最新のおすすめモデル7つを厳選紹介!

Stable Diffusion【2023年6月】最新のおすすめモデル7つを厳選紹介! 画像アプリケーション

<景品表示法に基づく表記>本サイトのコンテンツにはプロモーションが含まれる場合があります。

スポンサーリンク
この記事を書いた人

Photoshopと画像・動画アプリケーション情報を発信しています。
美術大学時代に絵画を専攻。独学でPhotoshopを学び、レタッチカンパニー数社を経て現在は東京でCG・動画アーティストをしています。
Adobe Japan Prerelease Adviser。
Mdn「デザインのネタ帳 プロ並みに使える写真加工 Photoshop」共著。

SNSやRSSでPhotoshop Bookをフォロー

画像生成AI「Stable Diffusion」はモデルを変更することで、様々な分野のイメージを生成することができます。

2023年6月も素晴らしいモデルが次々と発表されました。

この記事では2023年6月に発表された最新のモデルも加えて、先月紹介できていないおすすめのStable Diffusionモデルを7つ紹介します。

yayoi_mixで生成された画像

先月はここには載せていない別のおすすめモデルを紹介しているので、まだご覧になっていない方は2023年5月のおすすめ記事もぜひご覧ください。

実写人物のためのStable Diffusionのおすすめモデル

yayoi_mix (v1.1)

yayoi_mix(1.1)の生成結果

2023年6月3日リリースのモデルでしたが、1週間後の6月10日に早くもv1.1にバージョンアップしました。

BRAv5を含むモデルということで、Chilloutmixでもなかなか出にくい顔をバリエーション豊かに出すことができます。

実写アジア系人物モデルでは、かなり完成度の高い部類になると思います。同じ作者のKisaragi_mixもおすすめです。

License:creativeml-openrail-m

Hugging Faceからのモデルダウンロードの仕方

Hugging Faceではモデル名の下に表示される「Files and Versions」のタブをクリックし、「○○.safetensors」または「○○.ckpt」を探してクリックするとモデルをダウンロードすることができます。

Hugging FaceからのStable Diffusionモデルのダウンロード

※「○○.safetensors」と「○○.ckpt」両方ある場合はセキュリティ度の高い「○○.safetensors」を推奨

BracingEvoMix v1

BracingEvoMixの生成結果

BracingEvoMixもOpenBraというBRA系のモデルと、後で紹介するDreamShaperなどを使ってモデルを制作されています。

リアルで細かい描写が特徴です。

yayoimixよりはBracingEvoMixのほうがBRAの影響が強く出るモデルのようです。

License:creativeml-openrail-m

magicMIX realistic v5

MagicMIXの生成結果

Chilloutmixに似た感じの、少しイラストっぽい顔が生成できるモデルです。生成結果も安定している印象です。

実写系・イラスト系の間くらいの絵を出したいときに便利なモデルです。

License:creativeml-openrail-m
+No selling models

アニメ・イラストスタイルのStable Diffusionのおすすめモデル

LastpieceMix

LastpieceMixの生成結果

柔らかいタッチが特徴のモデルです。ソフトでかわいい印象の絵柄を出力します。

きれいな陰影が出やすいと思います。

VAEの使用が推奨されています。VAEを使用しない場合、白っぽくコントラストの弱い画像になります。

License:creativeml-openrail-m

VAEとは

VAEは画像のコントラストや色調を調整する役割を担っています。.vaeファイルをダウンロードして下記のVAEフォルダに入れて使用します。

\stable-diffusion-webui\models\VAE

一般的によくつかわれるVAEはvae-ft-mse-840000-ema-prunedです。

Stable DiffusionのVAEのダウンロード

GhostNote_m0528

GhostNote_m0528の生成結果

ドラマチックで強めのインパクトのある絵柄が特徴です。

プロンプト次第ですが、迫力のあるはっきりした明暗が出る傾向があります。

こちらもVAEの使用が推奨されています。VAEに迷う場合は「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」でいいと思います。

License:creativeml-openrail-m

Dark Sushi Mix 2.25D

Dark Sushi Mixの生成結果

雰囲気が暗めで描写が細かいモデルです。見た目のオリジナリティが高く、独特の画風が生成されます。

CivitAIにはColorful(カラフル)、Brighter(明るい)など他のバリエーションもあるのでお好みで変えてみるのもいいと思います。

こちらもVAE「vae-ft-mse-840000-ema-pruned」の使用が推奨されています。

License:creativeml-openrail-m
+No selling models

実写全般のためのStable Diffusionのおすすめモデル

DreamShaper6 baked vae

Dream Shaperの生成結果

前回紹介したICBINPと同じく実写全般に強いモデルです。またファンタジー系イラストも同様に強力です。

アジア系人物はあまり向いていないようですが、万能タイプのモデルです。

DreamShaper6 baked vaeはVAEがベイクされていますので、VAEを使わないことをおすすめします。

License:creativeml-openrail-m
+No selling models

Stable Diffusionで生成した画像のライセンスについて

この記事で紹介したモデルは「creativeml-openrail-m」というライセンスになっています。

creativeml-openrail-mについてははせ@AI Photoさんが和訳してくださっています。また個人利用以外の場合は個別に注意が必要です。こちらもはせ@AI Photoさんのnoteで詳しく説明されているので、参考にさせてもらうといいと思います。

Stable Diffusionにおすすめのグラフィックボード

Stable Diffusionの画像生成に適しているのは、計算速度が速くVRAM容量が高いグラフィックボードです。現在一般的に手に入る最も性能の高いグラフィックボードは「Nvidia GeForce RTX4090」です。

VRAM容量は24GBと、AI画像生成にも十分な高い性能です。

しかしRTX4090は2023年5月現在で30万円前後と高価になってしいます。

もっと安くかつ高い性能を求める場合、「Nvidia GeForce RTX4070」であれば10万円前後で入手可能です。

RTX4070はVRAM容量12GBと低くはないスペックなので、VRAM4~8GBで不便を感じている方には魅力的な選択肢になると思います。

Stable Diffusionにおすすめのパソコン

G-Tune DG-I7G70第13世代インテルCPUとRTX4070搭載の高性能ゲーミングデスクトップPCです。RTX4070を搭載していることで、Stable Diffusionの画像生成にも適したスペックとなっています。

ゲーミングPCながら、Photoshopでの利用などクリエイティブ用途にもおすすめのPCです。

Stable Diffusionにダウンロードしたモデルをインストールする方法

ダウンロードしたStable Diffusionのモデルをインストールする

ダウンロードした「.safetensors」や「.ckpt」ファイルを「stable-diffusion-webui」フォルダにある「models」フォルダの中の「Stable-diffusion」フォルダにドラッグしてコピーします。

\stable-diffusion-webui\models\Stable-diffusion

Stable Diffusion webuiでモデルを使用する方法

.safetensors」や「.ckpt」ファイルをコピーできたら一度コマンドプロンプトとブラウザのUIは再起動してください。

再度起動できたらStable Diffusionのメイン画面の左上「Stable Diffusion checkpoint」のところからインストールしたモデルを選びます。

Stable Diffusionで使用するモデルを選択する

これでモデルの切り替えができるので、あとはいつもどおりプロンプトや生成の設定をして画像を生成するだけです。

Stable Diffusionで生成した画像をTopaz Photo AIで拡大

Topaz Photo AIとその他の画像拡大技術の比較

Topaz Photo AIはStable DiffusionやMidjourneyで生成した画像の拡大等にも適したアプリケーションです。

Stable Diffusionの機能である「Hires.fix」や「Tile diffusion」と、Topaz Photo AIを組み合わせることで、高解像度の画像作成も可能になります。

筆者が実際に自腹で購入してレビューした記事を書いていますので、参考にしてください。

まとめ

Stable Diffusionのモデルは日々様々なモデルが生み出されていっている状況です。

次々に素晴らしいモデルがリリースされるので試すひまがないほどなのですが、この記事に挙げたモデルはどれも質の高いものです。

前回のモデル紹介の記事ともども参考にしてみてください。

画像アプリケーションについての情報はこちらのページにまとめています。
ぜひご覧ください。

画像アプリケーション
画像を取り扱うアプリケーションの情報をお知らせします。
created by Rinker
¥2,200 (2024/03/03 08:24:19時点 Amazon調べ-詳細)

コメント