初心者の独学におすすめPhotoshop本10冊を紹介!【2022年版】

落書きをAIが風景画像に!NVIDIA CANVASのインストールと使い方

落書きをAIが風景画像に【無料】NVIDIA CANVASの使い方・必要スペック画像アプリケーション

グラフィックカードメーカーのNVIDIA(エヌビディア)から落書きのように描いた絵をAIが風景画像に変換するNVIDIA CANVAS BETAがリリースされています。

今回はこのNVIDIA CANVASの使い方を紹介していきます。

お使いのPCがNVIDIAの GeForce RTX や Quadro RTXというグラフィックカードを使用している場合、無料でダウンロードしてして使うことができます。

NVIDIA CANVASとは

NVIDIA CANVASの紹介画面

AIを使用して、単純なブラシストロークをリアルな風景画像に変換します。背景をすばやく作成するか、コンセプトの探索をスピードアップして、アイデアの視覚化により多くの時間を費やすことができます。

NVIDIA CANVAS 公式サイトよりGoogle翻訳

アプリの内容については公式のYouTube映像があります。

NVIDIA CANVASに必要なスペック

必要環境は以下の環境です。Windows10でRTXというグラフィックカード搭載のPCで使うことができます。

システム要件
GPUGeForce RTX, NVIDIA RTX, Quadro RTX, TITAN RTX
ハードドライブSSD
OSWindows 10
ドライバー471.68以降
NVIDIA CANVAS 公式サイトより

RTXではないPCやMacでは使えないの?【Nvidia GauGAN2】

RTXのPCを持っていないけど、どうしても使いたい!という方はブラウザバージョンの NVIDIA GauGAN2というものがあります。これだとWebブラウザでできるのでRTXではないマシンやMacでも試すことができます。

ブラウザ版はサイト下の ”Click this box…” の所のチェックボックスにチェックを入れると使えます。

NVIDIA GauGANの操作画面

NVIDIA CANVASのダウンロードとインストール

NVIDIA CANVASのインストール方法を紹介していきます。

インストーラーはNVIDIA Cancvas日本語公式サイトから「ベータ版をダウンロード」をクリックしてダウンロードします。ダウンロードしたファイルがこちらです。

ダウンロードしたNVIDIA CANVAS

アプリがデバイスに変更を与えることを許可しますか」というメッセージが表示された場合は「はい」をクリックします。

インストール先を選択します。通常何も入れないで「OK」で問題ありません。

NVIDIA CANVASのインストール

ここでインストールが始まります。数分待つと次の画面に。同意して続行します。

NVIDIA CANVASの使用許諾

インストールが完了です。すぐ始めるなら「Launch NVIDIA Canvas」にチェックを入れて「閉じる」です。

NVIDIA CANVASのインストールの完了

NVIDIA CANVASの使い方

Materials

起動直後は下のような画面です。「空(Sky)」で塗りつぶされています。

NVIDIA CANVASの初期画面

右上にある「Material」で描くものを選んで、「Brush」ツールで描いていくのが基本スタイルです。

NVIDIA CANVASのツール一覧

雲(Cloud)」を描画してみます。雲、形はちょっと変ですが陰影が結構リアルです。

NVIDIA CANVASの雲を描いたところ

丘(Hill)」をクリックして描画してみました。陰影もしっかりついていますね。

下の方を「草(Grass)」で描画してみました。草原が現れました。

NVIDIA CANVASの草原を描画

奥に「山(Mountain)」を描いてみました。丘との境目が少し変になりました。

空と丘で山の丸みを少し削ります。

同じようにして川、木、砂利を追加してみました。

NVIDIA CANVASの河原を描画

Styles

右下に「Styles」というのがあり、全体の雰囲気をがらっと変えられます。

夕焼け空のStylesに変えてみると、夕方になり全体が明るくなりました。

NVIDIA CANVASの砂利を描画

右下のStylesを選ぶとさらに夏っぽくなりました。

NVIDIA CANVASのスタイルを変更

夜っぽいのを選ぶと星空になりました。初期のバージョンでは暗くなるぐらいだったのですが。今はしっかり夜に変わります。

Stylesの「Variation」スライダを動かすことで、同じスタイルでも違うバリエーションの見た目に変えることができます。

NVIDIA CANVASのバリエーションスライダ

Variationを変えるだけで絵柄がぐっと良くなることも多いです。

NEW STYLEの作成

Stylesにはオリジナルの画像も登録できます。まずはStylesにある「NEW STYLE」をクリックします。

BROWSE…」で画像を指定します。指定出来たら「ADD IMAGE」で追加します。画像はjpeg画像を指定してください。縦横比は正方形でない画像でも指定できます。

NVIDIA CANVASのNEW STYLE追加

追加できたStyleは右下に表示されます。

NVIDIA CANVASの追加されたNEW STYLE

NEW STYLEの適用

それでは作成したStyleを適用してみます。

読み込んだStyleをクリックするとこのように適用され、雰囲気が変わりました。Stylesにいろいろな画像を読み込むことで思わぬ変化が起こるかもしれません。

保存と書き出し

書き出しアイコンでpsdかpng形式に書き出しできます。後で手を加えたいときはNVIDIA CANVASオリジナル形式の「.can」で、別のアプリケーションで画像を読み込みたいときは「.psd」か「.png」で書き出します。

NVIDIA CANVASの書き出し

Photoshopでの読み込み

psd形式で書き出したものをPhotoshopで読み込んでみました。

風景がレイヤーで書き出されるのかと思いましたが、風景は1枚レイヤーでラフで描いたべた塗りの方がレイヤーになるだけでした。NVIDIA CANVAS側でPSD読み込みができないので、このレイヤー書き出しに意味があるのか、何の役に立つのか謎です。

NVIDIA CANVASの書き出しPSDレイヤー

下が完成画像。書き出しピクセルサイズは1024×1024pixelです。

NVIDIA CANVASの仕上がり画像

まとめ

AI機能がやっぱりすごいなという感じです。ストロークがすぐに反映されるのですごく楽しいです。それっぽい見た目にするコツは奥に地平線があって、遠景・中景・近景となるように描いていくといいみたいです。

実際はイラストやコンセプトアートの下絵などに使えそうです。描いた後にほぼダイレクトに近い速度で風景が出来上がっていくので、かなり直感的に使えます。背景アイデアに困ったときにも使えると思います。

NVIDIA CANVASはまだベータ版ということで、これからもっとアップデートしていくようです。

Photoshop以外の画像アプリケーションについての情報はこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

Photoshop以外の画像アプリケーションについての情報はこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

画像アプリケーション
画像を取り扱うアプリケーションの情報をお知らせします。

コメント