Photoshopで反転してしまったパスを完全に直す方法

Photoshopトラブル

Photoshopでパスを使って切り抜いているとき、パスが反転して困ったことはないでしょうか。

今回はこれの解決方法です。

スポンサーリンク

パスが反転してしまった例

たとえばこちらのPCモニタ枠を切り抜くためにパスを作成しているときに、

PCモニタの切り抜き例用画像

下のようにパスパネルのアイコンが、枠のところが白だと正常に切り抜けているのですが

(パスがわかりやすいように画像を白っぽく加工しています)

Photoshopでのパスの成功例

画面がくり抜けてなかったり(アイコンの画面のところが白い)

Photoshopでのパスの失敗例1

逆の背景と画面が選択されてしまったり、

Photoshopでのパスの失敗例2

そもそも何も選択されなかったり、

Photoshopでのパスの失敗例3

背景だけが選択されてしまったりすることがあります。

Photoshopでのパスの失敗例4

反転してしまったパスの解決方法

こんな時ですが、ポイントをいっぱい打ってしまってヒストリーパネルでも戻れないことが多いです。失敗してしまったと思ってパスを一からやり直してしまう方も多いと思います。

しかし、この状態からでも正しく切り抜けるようにパスを修正することができます。

基本的な直し方は

外側のパス(輪郭のパス)は、外側のパスを選択して+(プラス)キー、またはシェイプを結合

Photoshopでシェイプを結合

そのあと、内側のパス(中をくりぬくパス)がある場合は、内側だけのパスを選択して-(マイナス)キー、またはシェイプが重なる領域を中マドです。

Photoshopでシェイプが重なる領域を中マド

+(プラス)はテンキーがないキーボードだと打てないこともあるので、テンキーがない場合は、上記のようにオプションバーから操作するといいと思います。

実際の解決の仕方

では実際にやってみます。

まずはパスパネルで該当のパスのアイコンをAlt(option)を押しながらクリックして、パス全体を選んで

PhotoshopでAlt(option)を押しながらクリックしてパスを選択

+(プラス)キーを押すか、オプションバーでシェイプを結合してしまいます。

Photoshopでシェイプを結合

Photoshopでパスの修正結果

内側のパス(中をくりぬくパス)がないパスの場合はこれで修正完了です。

内側のパス(中をくりぬくパス)がある場合は、続けて内側のパスだけ選択します。

一旦パス選択ツールでパスがないところをクリックしてパスの選択を解除したら、内側のポイントだけパスコンポーネント選択ツールでクリックして選択します。

Photoshopのパスコンポーネント選択ツール

今回の画像では赤丸の所のポイントが青い四角になればOKです。

Photoshopのパス選択ツールで内側のパスだけ選択

内側だけ選択が出来たら -(マイナス)キーを押すか、またはオプションバーからシェイプが重なる領域を中マドです。

Photoshopでシェイプが重なる領域を中マド

これで内側もくりぬかれて、きれいなパスに戻ります。

Photoshopでのパスの成功例

パスが反転する原因

パスが反転するのは画面のズームをしたいときになどに誤って +(プラス)キーか -(マイナス)キーが押されてしまうことが考えられます。

この時にパスの選択している部分が反転してしまうことが考えられます。

画面のズームイン・ズームアウトはCtrl(Command)を押しながら +/- キーです。

仕上がった状態のパスでも解決できるのか?

上記のようにすれば、一からパスを引き直さずに仕上がった状態のパスでも修正できます。

知っておけばせっかく作ったパスをやりなおさないで済みますね。

Photoshopの切り抜きの種類はこちらで紹介していますので是非ご覧ください。

Photoshopのその他のトラブル情報についてはこちらにまとめています。

Photoshopトラブル
このカテゴリーページはPhotoshopのトラブルシューティングの記事で構成していきます。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました