Wacomがウインターセールを開催中

Photoshop Webブラウザ版(ベータ)を試してみました

Photoshop Webブラウザ版ベータを試してみましたPhotoshop最新情報

Photoshop Webブラウザ版とは – オンラインのPhotoshop

Adobeのオンラインイベント、Adobe MAX 2021にてPhotoshopのWeb版が発表され、既に使用できるようになっています。Webブラウザ上でオンラインでPhotoshopが動作します。

今回はこのPhotoshop Web版でどのようなことができるのか、できないのかということを中心に見ていきたいと思います。

Photoshop Web版(ベータ)にアクセスするには

Photoshop Webブラウザ版(ベータ)アクセスするには、Adobe Creative Cloudの”クラウドドキュメント”にデータを保存するところからスタートです。

クラウドドキュメントは無料のメンバーシップでも2GBの容量があります。無料のメンバーシップでもPhotoshopのWeb版を起動してファイルの閲覧が可能です。

Photoshopをお使いの方は次の容量のクラウドストレージを使えます。

  • フォトプラン(20GB) :20GB
  • フォトプラン(1TB) :1TB~10TB(2TB 5TB 10TB は別途料金が必要)
  • コンプリートプラン/単体プラン:100GB

ブラウザの使用要件は現在のところGoogle Chrome/Microsoft Edgeとなっています。SafariやFirefoxでもファイルの表示とコメント機能は使えるとのことです。

読み込み可能ファイル形式は以下の形式です。
PSDC、PNG、JPEG、TIFF、HEIC、PSB (PSDCはクラウド用のPSD形式のようです。)

書き出し可能ファイル形式は以下の形式です。
PNG 、JPEG 、TIFF

クラウドドキュメントにファイルを保存する

まずはファイルをAdobeクラウドドキュメントに保存する必要があります。

Photoshopから「別名で保存…」でウィンドウ下の方の「クラウドドキュメントに保存」を選びます。

Photoshopのクラウドドキュメントを保存

これでAdobeクラウドドキュメントにファイルが保存されます。

Adobeクラウドドキュメントを開く

次にAdobeクラウドドキュメント側でファイルを開きます。ブラウザでクラウドドキュメントのページを開きます。

Adobeクラウドドキュメント

「ファイル」→「自分のファイル」で先ほど保存したファイルが出てきます。

Adobeクラウドドキュメント

画像をクリックして、Photoshop on the web betaをクリックします。

AdobeクラウドドキュメントをPhotoshopWeb版で開く

Adobe Photoshop Web版の操作画面

Adobe Photoshop Web版が起動します。エンジンを起動するために少し待ち時間があります。

PhotoshopWeb版の待機画面

Adobe Photoshop Web版ベータの操作画面です。初期の画面から右側のレイヤーとプロパティだけ表示させています。左端がWeb版のPhotoshopで使えるツールパネルです。

PhotoshopWeb版の操作画面

移動・変形・選択などのツールが並んでいますが、通常版のPhotoshopと比べるとまだまだツールの数は少ないです。簡単な作業ならできるという感じです。

アイコン長押しで出てくるツールには以下のものがあります。

Photoshop Web版の隠れているツール

調整レイヤーは以下のものが搭載されています。トーンカーブは今のところまだみたいですね。

PhotoshopWeb版の調整レイヤー

ファイルのクイック書き出しはJPEG・PNG・TIFFに対応しています。(クラウドドキュメントでは.psd .psbファイルの保存も可能です。)

PhotoshopWeb版の書き出し機能

右端にコメント機能のアイコンがあります。「コメントを書く…」で入力したコメントが共有されます。

PhotoshopWeb版のコメント機能

Adobeクラウドドキュメントでのコメントの共有

右上の共有ボタンからファイルの共有ができます。「編集ユーザーを招待」欄に共有先のメールアドレスを入力します。

PhotoshopWeb版の共有機能

クラウドドキュメント上では、入力したコメントがこのように表示されます。

Adobeクラウドドキュメントのコメント機能

また、クラウドドキュメント上でも共有を開始することができます。

Adobeクラウドドキュメントの共有方法

共有先には下のようなメールが届きます。

Adobeクラウドドキュメントの共有メール

まとめ

Adobe Photoshop Web版はベータ版(試用版)ということもあり、現状ではツールが数がまだまだ少ない、トーンカーブがない、カラープロファイル設定がないなど、機能としてはまだまだ少ない印象でした。

現段階では、ある程度レイヤーを統合し画像サイズを縮小してクラウドに保存、オンラインで双方向の確認をしたいところだけレイヤーで切り替えて確認という用途になるのかなと思います。

分野にもよりますが、”これだけで仕事ができる”という人もほとんどいないかと思います。

しかしながら今後は次々と機能が追加されていくと思われます。

Adobe公式サイトにはPhotoshop Web版のよくある質問がまとめられています。

Photoshopの最新情報はこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

Photoshop最新情報
Photoshopの最新情報をお知らせします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました