Wacomがウインターセールを開催中

Adobe MAXで発表されたPhotoshop2022の新機能まとめ

Photoshop2022の起動画面Photoshop基礎知識

Photoshop2022アップデート

2021年10月27日からAdobeのオンラインイベントAdobe MAX2021が開催されていました。

PhotoshopもAdobe MAXの開催に合わせて新バージョンがリリースされ、すでにPhotoshop2022がダウンロードできるようになっています。

ここでPhotoshop2022のアップデートの主要な新機能を紹介します。

Photoshop2022の新機能

オブジェクト選択ツールの強化

Photoshop2022のオブジェクト選択ツール

オブジェクト選択ツールがアップデートして強力な選択ツールになりました。

オブジェクト選択ツールを選ぶと自動的に画像の認識が始まります。

その後カーソルをオブジェクト上に持っていくだけでオブジェクトがハイライト(初期設定は青色)され、ハイライトされたオブジェクト上でクリックするとオブジェクトの選択範囲が作られる機能です。

またレイヤーパネルでパネルメニューから「すべてのオブジェクトをマスク」を選ぶと、今表示している画像でPhotoshopが認識できるオブジェクト全てのマスクをグループマスクとして作成してくれます。

Photoshop2022のオブジェクト選択ツールすべてを選択

これすごいですよね。

Photoshop2022のオブジェクト選択ツールすべてを選択結果

この「オブジェクト選択ツール・すべてのオブジェクトをマスク機能」の惜しいところは画像にあるすべてのものがマスキングされるわけではなく、漏れもあることと、マスクの範囲もあれっというところが時々あります。

Photoshopのオブジェクト選択ツールでの失敗例

こちらは「ローテーブルの天面の白」と「壁の白」が区別できずにマスクがはみ出てしまっている例です。

Photoshop2022のすべてのオブジェクトをマスクの失敗例

オブジェクトの形体認識も完全ではなく、たまに不完全な時があります。

ニューラルフィルター「風景ミキサー」

ニューラルフィルターは全般的に強化されていますが、今回のアップデートでは一番派手なアップデートが「風景ミキサー」です。

Photoshop2022のニューラルフィルター風景ミキサー

元々ある風景画像を、雪景色、緑の茂った森など、いろいろな別の風景画像に変換する機能です。プリセットから好みのものを選んでスタイルを変えていく感じです。

自分で用意したカスタム画像を読み込んで変換することもできます。

Photoshop2022の風景ミキサープリセット

twitterではいろいろな風景に草をはやすのが流行っているみたいです。

風景ミキサーの使い方詳細についてはこちらの記事にまとめています。

ニューラルフィルター「調和」

ニューラルフィルターの「調和」はレイヤー状態のオブジェクトを背景の色に合わせてくれる機能です。

Photoshop2022のニューラルフィルター調和

色を合わせるための背景はレイヤーを指定します。

Photoshopのニューラルフィルター調和の背景レイヤーの指定

ニューラルフィルター「カラーの適用」

カラーの適用」は「調和」と似ていますがこちらは「風景ミキサー」と同じようにプリッセットやカスタム画像に色を合わせてくれる機能です。

Photoshop2022のニューラルフィルターカラーの適用

こちらもプリセットから選ぶか、自分で用意した画像を使うこともできます。

Photoshop2022のカラーの適用プリセット

グラデーションに新しい補間方法の追加

グラデーションに新たな補間方法が加わり、補間方法が知覚的・リニア・クラシックから選べるようになりました。より自然に見える色の移り変わりを表現することができます。

Photoshop2022のグラデーションツールの補間方法アップデート

グラデーションツールの補間方法はオプションパネルで指定します。

Photoshop2022のグラデーションツールの補間オプション

「クラシック」がPhotoshop2021までの従来方式です。色相にもよりますが、「知覚的」・「リニア」を選ぶことでより自然な見た目に変えることができます。

Photoshop2022のグラデーション補間方法の違い

PhotoshopとIllustratorのコピー&ペーストの連携強化

Photoshop上でIllustratorファイルをペーストした時に大部分のレイヤーが編集可能な状態で保持されるようになりました。

Photoshop上でサポートされるプロパティを持つオブジェクトは、編集可能なシェイプパスとして、それ以外は編集不可能なピクセル(ラスタライズされた)レイヤーとしてキャンバスにペーストされ、Illustratorでの外観が保持されます。

その他の変更点

細かいところでは次の機能も強化されています。

  • 統合テキストエンジンによる多言語対応
  • ドキュメントに追加したコメントの共有
  • モダン油彩フィルターのGPU対応
  • コンテンツの認証機能
  • 「書き出し形式」の速度向上
  • 各ニューラルフィルターの機能向上

まとめ

Photoshop2022の主な新機能のまとめでした。今回の主な機能追加はオブジェクト選択ツールとニューラルフィルターの機能強化といったところです。

ニューラルフィルターは他にもスーパーズームが画像全体の拡大にも対応し精度もアップしているようです。また、深度ぼかしが以前よりも格段に実用的になりました。

Illustratorとの連携強化はデザイナーさんにとっては便利なアップデートなのではないでしょうか。

 

Photoshop2022の風景ミキサーの使い方【ニューラルフィルター】
Photoshop2022ではニューラルファイルターの新機能として「風景ミキサー」が使えるようになりました。元々ある風景画像を、雪景色、緑の茂った森など、いろいろな別の風景画像に変換する機能です。プリセットから好みのものを選んでスタイルを変えていく感じです。
Photoshop2022のオブジェクト選択ツールの使い方【オブジェクトファインダー】
Photoshop2022のアップデートでオブジェクト選択ツールが更新され、画像上の物体を自動で認識してくれるようになりました。この新機能により物体の選択作業がワンクリックで行えるようになっています。今回は新しくなったオブジェクト選択の使い方と、どの程度の精度で選択できるのかについて検証していきます。
Photoshop2022のスーパーズームのレビュー【Gigapixel AIとの比較2】
私は現在、200%以上の画像拡大の用途では画質劣化が著しいため、Topaz Gigapixel AIを常用しています。Photoshopのニューラルフィルターの向上で、もしかしたらGigapixel AIがいらなくなる可能性もあるなと思って、比較してみました。
Photoshopのグラデーションツールの使い方 Photoshop2022新機能対応
Photoshopでグラデーションを作るには、グラデーションツールで作る、レイヤー効果のグラデーションオーバーレイで作る、ぼけ足の長いブラシで作る、などがあります。ここではグラデーションツールでグラデーションを作る方法について紹介します。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました