初心者におすすめPhotoshop本10冊を紹介しています

Photoshopのパターンの作り方と使い方【初心者向け】

Photoshopのパターンの作り方Photoshop基礎知識

Photoshopのパターンとは

Photoshopのパターンプレビュー

Photoshopのパターンとは、登録した画像をタイル状に並べて配置する機能のことです。

今回はPhotoshopのパターンの作り方と使い方を紹介していきます。

初心者の方でもわかりやすいように単純な画像でのパターンの作成から、やや複雑なものも作れるようになるよう説明していきます。

Photoshop2021から搭載された「パターンプレビュー」も使うと、より手軽にパターンを作ることができます。

それではやっていきましょう。

パターンの作り方

まずはパターンの元になる画像を作っていきます。

Photoshopの新規画像作成

ファイル」メニューから「新規…」で新規画像を作成します。

幅・高さ200ピクセルのRGB 8bit画像を作ります。

Photoshopの新規画像作成ウィンドウ

「長方形選択ツール」を長押しして「楕円形選択ツール」を選びます。

Photoshopの楕円形選択ツール

楕円形選択ツールでShiftを押しながらドラッグして円形の選択範囲を作ります。

Photoshopで円形選択

今回作るのはテスト的なパターンなので、画像の中心に円ができなくても問題ありません。

円形の選択範囲ができたら、黒く塗りつぶしていきます。

Photoshopの描画色設定

描画色と背景色の左上にあるアイコンをクリックすることで、描画色と背景色を初期化して黒・白にします。

描画色と背景色を初期化のショートカットはDキーです。

 

Photoshopの描画色初期化後

描画色と背景色はこのような表示になります。左の描画色が黒になっていればOKです。

Photoshopの塗りつぶし

編集」メニューから「塗りつぶし…」を選びます。

Photoshopの描画色で塗りつぶし

塗りつぶし内容は「描画色」を選びます。

Photoshopの塗りつぶし結果

選択範囲が黒く塗りつぶされます。

これでパターンとなる画像ができました。この画像はあとで再度利用するので保存するか、開いたままにしておいてください。

パターンの登録【パターンを定義】

Photoshopのすべてを選択

いま選択範囲が円形になっているので、「選択範囲」メニューから「すべてを選択」に変更します。

ショートカットはCtrl(Command)を押しながらAキーです。

Photoshopのパターンを定義

編集」メニューから「パターンを定義…」を選びます。

パターン名の設定ウィンドウが出るので、パターン名をつけて「OK」をクリックします。

Photoshopのパターン名の設定

これでパターンの作成は完了です。

Photoshopの選択解除

選択範囲」メニューから「選択を解除」しておきます。

ショートカットはCtrl(Command)を押しながらDキーです。

パターンの使い方【タイル状に並べる】

それでは出来上がったパターンを使ってパターンをタイル状に並べる方法を見ていきます。

まずはパターンを敷き詰める新規画像を作ります。パターンの元画像は開いたまま、別ウィンドウか別のタブで作業します。

Photoshopの新規画像作成

ファイル」メニューから「新規…」を選びます。

幅・高さ2000ピクセル(200ピクセルのパターン10枚分)のRGB 8bit画像を作ります。

Photoshopの新規画像作成ウィンドウ

Photoshopの塗りつぶし

編集」メニューから「塗りつぶし…」を選びます。

photoshopのパターンで塗りつぶし

塗りつぶし内容は「パターン」を選びます。

Photoshopのパターンで塗りつぶし設定

オプションで先ほど作ったパターンが選べるようになっているので、選びます。

選んだら「OK」をクリックで画像が塗りつぶされます。

下のように作成したパターンで画像が塗りつぶされます。

Photoshopのパターンで塗りつぶし結果

ここまでがパターンの使い方です。

パターンプレビュー【Photoshop2021以降】

パターンの作成に便利なのが、Photoshop2021から搭載されている「パターンプレビュー」という機能です。

パターンプレビューと使うと、パターンを塗りつぶしを実際にやらなくても、塗りつぶした状態をプレビューできます。

これによりパターンのつなぎ目を意識せずにパターンを制作することができるようになりました。

Photoshopの塗りつぶし結果

先ほどの画像を再利用します。

Photoshopの表示メニューパターンプレビュー

表示」メニューから「パターンプレビュー」を選びます。

アラートが出ますが今回は特に気にしなくても大丈夫です。「OK」をクリックします。

Photoshopのパターンプレビューのアラート

Photoshopの表示メニューパターンプレビュー

これがパターンプレビューです。パターンを適用した状態をプレビューできます。

青いラインが元画像の範囲です。

Photoshopの新規レイヤーを作成

レイヤーパネルで「新規レイヤーを作成」アイコンをクリックして新規レイヤーを作成します。

Photoshopのブラシツール

新しいレイヤーにブラシツールで描きこんでいきます。

今回はうさぎのキャラクターパターンを作ります。

Photoshopのブラシツールで描く1

ブラシツールで黒くうさぎの耳を描いていきます。

青い境目ラインを乗り越えても描画できます。

境目を気にせず絵柄を構成できるところがパターンプレビューの利点です。

Photoshopのブラシツールで描く2

ブラシツールの白でうさぎの目と口と耳を描きこみます。

これでこのパターンは完成です。

Photoshopのパターンプレビュー

画像表示を縮小するとこのような表示になります。

画像は表示倍率が1%になるまでタイリング表示できます。

Photoshopのパターンプレビューのエクストラ非表示

表示」メニューの「エクストラ」で青い枠は表示と非表示を切り替えることができます。

Photoshopのパターンプレビュー解除

もういちど「表示」メニューの「パターンプレビュー」を

 

選んで、パターンプレビューを解除します。

元画像の表示に戻ります。

Photoshopのパターンプレビュー解除後の画像

この画像で「編集」メニューから「パターンを定義…」すれば、うさぎパターンが作られます。

レイヤーは統合しなくても問題ありません。

パターンの色を変えるには

パターンの色違いバージョンを作るには色を変えたパターンを再度定義しなおすか、パターンで塗りつぶした画像を色調整するかのどちらかです。

下のように調整レイヤーのトーンカーブを作って色を変えた状態で、再度「パターンを定義」すればパターンのカラーバリエーションが作られます。

Photoshopのパターン色の変更の例

完成したパターンの使い方【画像をタイル状に並べる】

完成したパターンは次のようにして使います。

パターンを並べたい画像を用意して、「編集」メニューから「塗りつぶし…」を選びます。
Photoshopの編集メニュー塗りつぶし

内容:」を「パターン」に変更します。
Photoshopのパターンで塗りつぶし

オプション」の欄から「カスタムパターン」の横のサムネイルをクリックすると、先ほど定義したパターンが出てきます。
Photoshopのパターン選択

パターンを選んで「OK」をクリックするとパターンで画像がタイリングされます。
Photoshopのパターンで塗りつぶし例

まとめ

Photoshopのパターン作成はウェブデザインなどに有効だと思います。レタッチワークでもテクスチャ作成でたまに使います。

パターンプレビューが搭載されるまでは「スクロール」フィルターを使ってつなぎ目を補正するのが定番でしたが、パターンプレビューでパターン作成が格段に楽になりました。

パターンプレビューを使ったテクスチャ調整についてはこちらの記事でも紹介しています。

 

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント