Photoshopのパターンプレビューを使ってタイリング画像を作る

Photoshopテクニック

Photoshop2021から追加された機能の一つに、パターンプレビューというのがあります。

タイリングした時にどのような見た目になるのか確かめられる機能で、ウェブや3DCG用にタイリング画像(シームレステクスチャ)を作るのに大変便利な機能です。

ここではパターンプレビューを使って、むらのないタイリング画像を作成していきたいと思います。Photoshopの操作に少し慣れている方向けの記事です。

ショートカットを多めに使っているので、初心者の方は一つ一つの操作がどういう意味を持っているか考えながら見ていただけると学習できるかもしれません。初心者の方でもしわからないところがあればコメント欄で聞いていただければお答えします。

スポンサーリンク

画像の準備とパターン確認

今回はこちらの画像を使わせていただきます。

ゴールドの塗装

まずPhotoshopで画像を開いたら、「表示」メニューから「パターンプレビュー」を選びます。

Photoshopのパターンプレビュー

以下のようなアラートが出ますが、気にせずOKです。

Photoshopのパターンプレビュー起動時のアラート

このようなビューに変わります。

Photoshopのパターンプレビュー作業画面

青い枠線が表示されていますが、Ctrl(Command)を押しながらH、または以下のメニューから非表示にできます。再度同じ操作で表示することもできます。

Photoshopのパターンプレビューの枠の消し方

トリミング

周りの暗くなっているところ(ビネット)を消すのが面倒なのと、テクスチャとして使う場合に正方形の方がいいので、再度「表示」→「パターンプレビュー」で一度通常表示に戻ります。

Photoshopのパターンプレビューの戻し方

切り抜きツールでなるべく明暗がフラットな部分を大きめの正方形で切り抜きします。

Photoshopの切り抜き

パターンプレビューしながらの作業

ではここから再度始めていきます。

切り抜かれたゴールドの画像

再度パターンプレビューで見てみます。切り抜いたとはいえ境目がまだ目立っています。

Photoshopのパターンプレビュー作業前の画面

明るめのトーンカーブを作って

Photoshopのトーンカーブで画像を調整

一旦レイヤーマスクを選んで、Ctrl(Command)を押しながら「I」で反転して真っ黒にします。

Photoshopのトーンカーブのマスクを黒で塗りつぶし

下の方だけ明るくしたいので選択範囲を作ります。

パターンプレビューでは常にタイリング状態のビューで操作するので、端の方を調整すると同時に隣の画像の端も調整されてしまいます。これを防ぐために必要に応じて選択範囲を作って作業します。

Ctrl(Command)を押しながらAで全てを選択したら

Ctrl(Command)を押しながらA

選択範囲を変形します。

Photoshopで選択範囲を変形

大体半分ぐらいまで変形します。

Photoshopで選択範囲を調整してボックス上のハンドルを下げる

選択が出来たらブラシツールでレイヤーマスクの下の方を白で塗って境目の明度を合わしていきます。必要に応じてトーンカーブの明るさ調整をしてください。

仕上がりはこんな感じです。

Photoshopのトーンカーブの調整結果

トーンがジャンプしそうなので16bitに変えておきます。

Photoshopの16bitチャンネルにモード変換

次にスタンプツールで下のようなつなぎ目を消していきます。

新規レイヤーでやった方が調整しやすいと思うので、新規レイヤーを作ってスタンプツールでつなぎ目のパツンと切れた感じがなくなるまで消していきます。

テクスチャの調整箇所

状況に応じてトーンカーブなどでも調整していきます。ディテールは残しつつ、大きい陰影は抑える感じで。

Photoshopのパターンプレビュー調整例

大体この辺りまで消えたらOKです。パターンプレビューで見たタイリングはこんな感じです。Photoshopのパターンプレビューの仕上がり例

画像を統合

レイヤーは「画像を統合」してから8bitに戻します。

8bitに変える前に統合することで画像の階調を損なわずに済みます。

Photoshopのレイヤーメニューから画像を統合

Photoshopの8bitにモード変換

仕上がりはこんな感じ。

Photoshopのパターンプレビューの仕上がり例

以上で完了です。

タイリング画像を作るときに、以前はフィルターのスクロールを使ったりしてタイリングのつなぎ目を見る方法が有効でしたが、パターンプレビューの方が仕上がり状態を見ながら作業ができるためかなり使いやすいと思います。

Photoshopのその他のテクニックについてはこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました