Photoshopのバッチ処理 複数ファイルを一括処理

Photoshop基礎知識

Photoshopの「バッチ」は「アクションで登録しておいた処理」を複数ファイルに一括で適用できるとても便利な機能です。

アクションの登録の仕方についてはこちらの記事で確認してください。

超簡単!Photoshopのアクションの使い方【記録と再生】
Photoshopのアクション、なんだか覚えにくいと思って敬遠されている方も多いと思います。アクションは実は単純作業のスピードアップにめちゃめちゃ効率的な機能で、とても簡単に作業を自動化できます。またアクションが使えるようになるとバッチ、ドロップレットなど更に便利機能も思いのままです。
Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】
前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。

それではやっていきます。

スポンサーリンク

バッチの設定

ファイル」メニューから「自動処理」→「バッチ」を選びます。

Photoshopのバッチメニュー

下のようなバッチのウインドウに変わります。「セット:」のところで適用したいアクションの入っているアクションセットを選び、「アクション:」のところで適用したいアクションを選びます。

Photoshopのバッチウィンドウ

ソース:」はどの画像に適用するかですが、

  • 「フォルダ」‥‥画像の入っているフォルダを選びます。フォルダ内の全画像にアクションを適用します。
  • 「読み込み」‥‥スキャナ・カメラなどの入力機器からファイルを読み込んでアクションを適用します。
  • 「開いたファイル」‥‥Photoshop上で開いている全画像にアクションを適用します。
  • 「Bridge」‥‥Bridge上で選択している全画像、または開いているフォルダにアクションを適用します。

Photoshopのバッチのソース

Bridgeからの読み込みがうまくいかないとき

「Bridge」だけ文字がグレーアウトしていて内部で情報が共有されないときが結構あります。

そんな時はBridge側から画像を選択しておいて下のように操作するとうまくいくことが多いです。

Bridgeからのバッチ

バッチの適用

バッチがうまくいくとこのような感じで適用されます。

Photoshopのバッチ処理例

処理した画像を自動で保存していきたいときは、アクション自体に「保存」や「別名で保存」を組み込んでおくか、バッチウインドウの右側の実行後のところで「保存して閉じる」か「フォルダー」を選びます。

  • 「保存して閉じる」‥‥処理したファイルをそのままファイルを上書き保存します。
  • 「フォルダー」‥‥処理したファイルを指定したフォルダにファイルを保存します。

Photoshopのバッチの保存先

まとめ

バッチはアクションと併用することで、大量のファイルに同じ処理を適用できるとても便利な機能です。

複数ファイルのファイル形式だけ一括で変換させたり、今開いているファイルに全部保存をかけたり、など工夫次第で様々な使い方ができるので、ぜひいろいろ試してみてください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました