Photoshopの Camera Raw フィルターの使い方

Photoshop基礎知識
スポンサーリンク

Camera Raw フィルターとは

Camera Raw フィルターとはPhotoshopがもともと持っていた撮影データ現像機能である「Camera Raw」を現像データ以外にも適用できるようにフィルター化されたものです。

Camera Raw自体の機能と使い方については別の記事に詳しく書いていますので、そちらも参考にしてください。

Camera Raw フィルターの適用

Camera Raw フィルターの適用の仕方はとても簡単です。

Camera Raw フィルターを適用する前にレイヤーをスマートオブジェクト化しておいた方がいいでしょう。スマートオブジェクト化しておくことでCamera Raw フィルターの設定を後で再編集することができます。

レイヤーパネルでCamera Raw フィルターを適用させるレイヤーを右クリックして「スマートオブジェクトに変換」します。

あとは「フィルター」メニューから「Camera Raw フィルター」を選ぶだけです。

PhotoshopのCamera Raw フィルターメニュー

Camera Raw フィルターの操作

Camera Raw フィルターの操作はCamera Rawの操作とほぼ同じです。一部使えない機能があるぐらいです。操作方法も先ほどと同じCamera Rawの記事に書いていますのでまだ読んでいない方は是非ご覧ください。

PhotoshopのCamera Raw フィルター操作画面

スマートオブジェクトにCamera Raw フィルター適用した場合は下のようなレイヤー構成になります。

PhotoshopのCamera Raw フィルター適用後

Camera Raw フィルターの再編集

Camera Raw フィルターを再編集するにはこの赤枠のところをダブルクリックするだけです。

PhotoshopのCamera Raw フィルターの再編集の仕方

再度Camera Raw フィルターの編集画面になります。

最初にレイヤーをスマートオブジェクト化しておくことで、いつでもこの編集画面に戻ることができます。

PhotoshopのCamera Raw フィルター再編集

まとめ

Camera Raw フィルターは機能が多彩でとても便利です。

スマートオブジェクトにかけることでスマートフィルターになります。スマートフィルターは二重三重にかけることも可能なので、一つはノイズ調整、一つは色調整として使う、というような使い方もできます。

PhotoshopのCamera Raw フィルターの二重掛け

機能が多彩過ぎる反面、Camera Rawフィルターをかけたレイヤーの表示ON/OFFが少し遅くなるので、その点はご注意ください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました