初心者におすすめPhotoshop本10冊を紹介しています

Photoshopでパスの色変更ができないときに確認すること

Photoshopでパスの色が変更できない時Photoshopトラブル

Photoshopでパスの色変更ができないときの二つのケース

Photoshopでパスの色が変更できないケースは二種類あります。

  • パスで描いた線に沿って色のついた線を描きたい
  • パスの画面表示色を変えたい

この二つは全く別の対処法になるので、ケース別に対処法を紹介します。

Photoshopでパスで描いた線に沿った線を描きたい場合

パスをシェイプに変更する

ペンツールでパスを作成した時に、このパスに沿った線を描きたいとします。

今表示されている青い線はPhotoshopの表示上の線なので、ほかのアプリケーションでは表示されない線です。
Photoshopのペンツール

「ウインドウ」メニューから「パス」でパスパネルを表示して、作成したパスをクリックしてアクティブ状態にします。
Photoshopのパスパネルでパスをクリック

オプションパネルで「シェイプ」ボタンをクリックします。これでパスがシェイプに変換されます。
Photoshopでシェイプをクリック

パスパネルにシェイプパスが現れます。この時点ですでにシェイプに色がついています。
Photoshopでパスからシェイプに変換

次にシェイプの色を変えていきます。シェイプ内容を編集するためにオプションパネルの表示を「パス」から「シェイプ」に変更します。
Photoshopでシェイプ編集

オプションパネルで塗りや線の情報を編集できるようになります。
Photoshopでシェイプの塗りと線の編集

線だけを表示したい場合は「塗り」から「赤い斜線のアイコン」をクリックして線の内側を塗らない設定にします。
Photoshopでシェイプの塗りを編集

また、線の色はこちらから指定することができます。カラーピッカーから色を選びます。
Photoshopでシェイプの線を編集

線幅の設定をします。数値入力またはスライダーを左右に動かすと線幅が変更できます。
Photoshopでシェイプの線の太さを編集

このようにしてパスに沿った線を作成することができます。

Photoshopでパスの画面上の表示色を変えたい場合

次にパスを作成した時に表示される青い線の表示色を変える方法です。

こちらはPhotoshopの表示上の色ですが、背景になる画像の色によって見えにくくなったりするので変えたいときがあると思います。
Photoshopのペンツール

ペンツールのオプションパネルで「歯車」のアイコンから「カラー」を選びます。初期設定が青に設定されています。
Photoshopでパスの表示色を編集

グラフィックプロセッサを使用をONに

ペンツールのオプションパネルで歯車アイコンをクリックしても、パスの表示色が変更できないことがあります。

Photoshopでパスの表示色を編集できないとき

このような時は「編集」メニューから「環境設定」→「パフォーマンス」を選んで環境設定を表示させます。
Photoshopの編集メニュー環境設定パフォーマンス

パフォーマンスの設定で「グラフィックプロセッサーの設定」項目をチェックします。
グラフィックプロセッサーを使用」のチェックボックスがオフになっている場合はオンにします。
最後にPhotoshopを一度終了して、再度起動するのを忘れないでください。
Photoshopの環境設定でグラフィックプロセッサーを使用

グラフィックプロセッサーとはGPUとかグラフィックカード・グラフィックボードと同じ意味です。

Photoshopでは最近のバージョンで、グラフィックプロセッサーを使ってパスを表示するようになっているため、グラフィックプロセッサーに不具合があるとパスの表示に問題が起こることがあります。

単純にグラフィックプロセッサーをPhotoshopが認識できていないだけの場合もあります。この場合もPhotoshopを一度終了して、再度起動するだけで症状がなおることがあります。

グラフィックプロセッサー使用要件を確認

Photoshopでは以下のグラフィックプロセッサーがサポートされています。使用要件を満たしていないグラフィックカードを使っている場合、パスの表示に問題が起こることがあります。

  • Windows:DirectX 12 をサポートしている GPU、2 GB の GPU メモリ
  • macOS:Metal をサポートする GPU、2 GB の GPU メモリ

詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

Photoshop グラフィックプロセッサー(GPU)カードに関するよくある質問
Adobe Photoshop における、グラフィックプロセッサー(GPU)およびビデオカードの使用に関する一般的な質問に対する答えをご紹介します。テスト済みのビデオカード、パフォーマンス設定などについて学習します。

グラフィックプロセッサーのドライバーのアップデート

グラフィックプロセッサーのドライバーが古いとPhotoshopがグラフィックプロセッサーを認識できずに、グラフィックプロセッサーの機能を使えない場合があります。

この場合は該当のグラフィックプロセッサーのサイトから最新のドライバーをダウンロードする必要があります。

ここでは代表的な2社のドライバーダウンロードサイトを載せておきます。

NVIDIAの場合
https://www.nvidia.co.jp/Download/index.aspx?lang=jp

AMDの場合
https://www.amd.com/ja/support

まとめ

  • パスで描いた線に沿って色のついた線を描きたい→パスをシェイプに変換
  • パスの画面表示色を変えたい→パスのオプションパネルから変更

基本的には上記で解決すると思います。

グラフィックカードに問題がある場合はPhotoshopの再起動だけでなおる場合も多いですので、お試しください。

Photoshopのパスの使い方については以下の記事で詳しく説明しています。

Photoshopのその他のトラブル情報についてはこちらにまとめています。

Photoshopトラブル
Photoshopのトラブルと解決方法をまとめています。
Photoshopのパフォーマンスを上げる環境設定についてはこちらの記事をご覧ください。

コメント