Topaz Gigapixel AIとPhotoshopのスーパーズームを比較【解像度を上げる】

Photoshopテクニック

AIを使って画像を拡大するアプリケーションである「Topaz Gigapixel AI」と Photoshop2021 のAI機能であるニューラルフィルターの画像拡大機能「スーパーズーム」を比較してみました。

結論から言うと拡大用途では Topaz Gigapixel AI の方がおすすめです

こちらの画像を使って拡大テストをしていきます。

ピクセル等倍で見るとそこそこきれいですが、拡大すると結構ざらざらです。

スポンサーリンク

Photoshop2021のスーパーズーム

まずはPhotoshop2021です。フィルターメニューからニューラルフィルターを選択し、試験管のアイコンで開発中の機能を表示します。

スーパーズームはデフォルトではインストールされていないので、スーパーズームオンにしたらダウンロードを選んでください。

Photoshopのニューラルフィルタースーパーズーム

設定はこんな感じで画質優先で調整しました。設定次第でかなりダイナミックに変わります。

OKで新規レイヤーに出力されます。

Photoshopのニューラルフィルタースーパーズームの出力結果

「スーパーズーム」ということで、あくまで画像の一部をアップにするという仕様なのか、画像に入りきらないところはカットされて体の部分がなくなりました。

Photoshopのニューラルフィルタースーパーズームの出力結果

画像全体でやりたいときは、元々の画角を広げておくなどの注意が必要ですね。

仕上がりです。2倍ズームです。

Photoshopのニューラルフィルタースーパーズームの出力結果

Photoshopのニューラルフィルタースーパーズームの出力結果

Topaz Gigapixel AI

次にGigapixel AIです。

正直これまでのバージョンでははアップデートごとに好みの仕上がりとずれていったりしていたのですが、最新バージョンで拡大アルゴリズムが選べるようになりました。

Topaz Gigapixel AIの作業画面

拡大の対象物によって拡大方式が変えられます。これすごくいいです。

Topaz Gigapixel AIのAIモデルの選択

  • Standard 標準的な拡大パターン
  • Lines 建物などの線が多い画像に使用する
  • Art&CG 写真以外のドローイングやCGに適用する
  • Low Resolution 低解像度画像を拡大するときに使う
  • Very Compressed とても低い解像度のものに使う

Low Resolution と Very Compressed は圧縮程度の差で使い分けるようです。

どちらを使うか迷いそうですね。

Low Resolution の方は結構つるつるになります。(左が元画像、右がLow Resolution)

Topaz Gigapixel AIの出力プレビュー

GigapixelのStandardの仕上がりです。

こちらは画像全体で拡大して書き出ししてくれるのですが、Photoshopと同じ範囲でトリミングしています。

Topaz Gigapixel AIの出力結果

Gigapixel AI の結果

 

比較

左がPhotoshopスーパーズーム、右がGigapixel standard です。眉毛と下まつげあたりで違いが出ています。

PhotoshopのスーパーズームとTopaz Gigapixel AIの出力結果比較

ちなみに、左Photoshopの画像解像度(ディテールを保持2.0)と、右Gigapixelでも比べてみました。これは圧倒的に右ですね。

Photoshopの画像解像度の拡大とTopaz Gigapixel AIの出力結果比較

風景画像で比較

こちらの風景写真でも比べてみました。

これはGigapixelの作業画面で、画像右上部分の拡大です。

左が元画像、右は×2の拡大をした画像のプレビューですが、再現度がすごい。

Topaz Gigapixel AIの作業画面

下の画像は、左がPhotoshopのスーパーズーム、右がGigapixelです。

PhotoshopのスーパーズームとTopaz Gigapixel AIの出力結果比較

Photoshopの方はところどころシャープなところもありますが、jpegノイズを取り切れないのかザラザラしたところがあります。木のディテールも少ない感じがします。

まとめ

Photoshopのスーパーズームがベータ版ということもあり、現状は眉毛とか木々の精細さでTopaz Gigapixel AI の方がかなり出来がいいです。

また、使い勝手という意味でもPhotoshopの方は画像の周囲が切り取られてしまうという点でもマイナス点はあると思います。

ただPhotoshopのスーパーズームはまだ開発途中ベータ版ということですし、今比べるのはフェアではないかもしれません。

Gigapixel AIやニューラルフィルターのもとになっている機械学習技術は解析数を上げることで結果がよくなっていくものなので、開発期間の長さで精度が上がることが予想されます。

Photshopは今後のアップデートに期待ですね。

Gigapixel AIのクーポンコード

Gigapixel AIを開発しているTopaz Labsから15%OFFになるクーポンコードを取得しました。Gigapixel AIはもちろん他のTopaz Labs製品にもご利用いただけます

Topaz labs製品をご購入の際はぜひお使いください。

クーポンコード:FRIEND15
クーポンコードは購入時にこの欄に入力してください。
Topaz Labsのクーポンコード入力欄
トータル金額の表示が変われば成功です。
Topaz Labsのクーポンコード入力例

Photoshop以外の画像アプリケーションについての情報はこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

画像アプリケーション
「画像アプリケーション」の記事一覧です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました