Photoshopのウィンドウとインターフェイスの変更方法【初心者向け】

Photoshop基礎知識

Photoshopの画像やインターフェイスの表示や変更方法について説明します。

自分の作業しやすい環境にすることで作業効率アップが期待できますし、お好みにカスタマイズすることで気分よく作業できると思います。

画面の各部の呼び方は以下をご覧ください。

Photoshopの画面構成

メニューバーで画像の全体的な編集を行います。

ツールパネルは道具箱のようなものです。ブラシや選択ツールなど画像内の場所を指定して加工します。

右の各パネルは今やっている操作の設定や画像の状態を表示します。

スポンサーリンク

ウィンドウ・タブの変更

Photoshopで画像を開く時は、標準の状態だとタブで開くことになります。開いた画像のファイル名がタブで並びます。タブをクリックすることでその画像を編集することができます。

Photoshopのタブ

タブで画像を開くのは複数の画像を一つのウィンドウでまとめられるので、ウィンドウが散らからない利点があります。

ただ、タブの状態だと複数の画像を並べて比較したり確認したりする時には向いていません。

このような時のためにPhotoshopではウィンドウを別で開いたり、またタブに戻したり表示方法を柔軟に変えられる仕組みになっています。

単純にタブをウィンドウ化したいときはタブを好きな場所にドラッグすることで、タブをウィンドウを分離することができます。

Photoshopでタブをドラッグ

また、ウィンドウ化された画像はタブの位置にドラッグすることでタブ状態に戻すことができます。

Photoshopでタブに戻す

タブはドラッグすることで並びの順番を変えることもできます。

Photoshopでタブの順番替え

ウィンドウのアレンジ

「ウィンドウ」→「アレンジ」で画像を並べて表示したり、重ねて表示したりできます。一度にたくさんの画像を並べて見たい時に便利です。

また「すべてをタブに統合」でタブに戻すこともできます。

Photoshopウィンドウのアレンジ

「並べて表示」を選ぶとこんな感じになります。

Photoshopのウィンドウを並べて表示

この並べて表示状態で複数画像を表示しているときに、

  • ShiftとSpaceキーを押しながらドラッグで複数画像を画面スクロール
  • ShiftとCtrl(Command)を押しながら + または – キーで複数画像を拡大・縮小表示

が行えます。

パネルなどの配置・ドッキング

レイヤー、チャンネルなどの各パネルはメニューバーの「ウィンドウ」メニューから表示したり、非表示にしたりできます。

Photoshopのウィンドウメニュー

何かの拍子にパネルを閉じてしまっても「ウィンドウ」メニューから該当のものを選べば再度表示することができます。

パネルは、タブ部分をつかんで別のパネルのタブ部分にドラッグすることでドッキング(合体)させることができます。

Photoshopでパネルのドッキング

またパネルの上下左右の端にドラッグすることで上下左右にドッキングすることもできます。

Photoshopパネルのドッキング2

ドッキングを解除したいときはパネルのタブを好きな位置までドラッグして外します。

ワークスペースの保存・読み込み

各パネルの位置はメニューバーの「ウィンドウ」メニューから「ワークスペース」→「新規ワークスペース」を選ぶことで記憶させることができます。

また、保存したワークスペースはワークスペースのリストから読み込んで使用することができます。

Photoshopのワークスペースメニュー

パネルの位置を変えてしまったけど元に戻したいときは、読み込みし直さなくてもワークスペースのリセットをすることで、保存した状態のワークスペースに戻すことができます。

Photoshopのワークスペースをリセット

以上で、ウィンドウとインターフェイスの変更方法についての説明は終わりです。

Photoshopのツールパネルについてはこちらの記事をご覧ください。

Photoshopのツールパネル解説【初心者向け】重要なところだけピックアップ
Photoshopの画面構成とツールパネルについて紹介します。ツールバーの項目ですが全部数えると70以上あったので、全部をしっかり覚えておく必要はなく、まずはポイントを絞って覚えて必要が出てきたらその都度覚えていく流れでといいと思います。

Photoshopのメニューバーについてはこちらの記事をご覧ください。

Photoshopのメニューバーの使い方【初心者向け】
Photoshopのメニューバーとメニューの内容を紹介していきます。ここも選べるメニューの数が多いので重要なところ、よく使われるところにポイントを絞って説明していきます。よく使うメニューには赤帯を付けたので目印にしてください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました