Wacomがウインターセールを開催中

Adobe Creative Cloudで旧バージョンのアプリを勝手に削除しない方法

Photoshopトラブル

なぜAdobe Creative Cloudで旧バージョンのアプリケーションが必要になるのか、旧バージョンを置いておくメリット

以前Photoshopの3D機能廃止の記事にも書いたことがあるのですが、Adobe Creative Cloudでダウンロード可能なのは1つか2つ前のバージョンまでです。

  • 個人版・グループ版:1つ前のメジャーバージョン
  • エンタープライズ版:2つ前のメジャーバージョン

エンタープライズ版は大規模な組織向けのプランなので、多くの方がダウンロードできるのは1つ前のメジャーバージョンだと思います。2021年11月現在は最新バージョンがCreative Cloud2022シリーズなので、2022シリーズと2021シリーズまでしかダウンロードできません。

更に不便なことにAdobe Creative Cloudは初期設定ではアプリケーションのバージョンアップの時に旧バージョンを自動的に削除してしまいます

しかし私の経験上、

  • 最新バージョンに不具合があり古いバージョンで作業をしたい場合
  • 最新版が古い機能をサポートしなくなってしまった場合

などが過去に何度もあり、そんな場合に備えて2バージョン以上前の旧バージョンも残しておいた方がいいことが多いです。

旧バージョンを削除しない設定にして、いつでも旧バージョンが使える状態にしておくと便利です。

Adobe Creative Cloudで旧バージョンのアプリケーションを削除しない方法

Adobe Creative Cloudでアプリケーションの自動更新を”オン”にして旧バージョンを削除しない方法

アプリケーションの自動更新はするけれども、旧バージョンは削除しないでねという設定です。

同じようにAdobe Creative Cloudアプリケーションの「ファイル」メニュー→「環境設定」を開きます。

Adobe Creative Cloudの環境設定

アプリケーション」の自動更新をオンにしたまま、各アプリケーションの「詳細オプション」で、「以前のバージョンを削除」のチェックボックスのチェックを外します。

Adobe Creative Cloudの環境設定で旧バージョンを削除しない設定

Adobe Creative Cloudでアプリケーションの自動更新を”オフ”にして旧バージョンを削除しない方法

こちらはアプリケーションの更新を完全に手動にしてしまう方法です。

環境設定

アプリケーションの自動更新をオフにすれば自動的に最新バージョンにアップデートして、旧バージョンを勝手に消されてしまうのを防げます。

Adobe Creative Cloudアプリケーションの「ファイル」メニュー→「環境設定」を開きます。

Adobe Creative Cloudの環境設定

自動更新をOFFにします。

Adobe Creative Cloudの自動更新を無効にする

Adobe Creative Cloudアプリケーションのアップデート時の操作

アプリケーションの新バージョンが出たら、Adobe Creative Cloudアプリケーションで、「アプリケーション」→「アップデート」からアプリケーションのアップデートを行います。

Adobe Creative Cloud アプリのアップデート

すると「~を更新する」というウィンドウがでるので、このときに「以前のバージョンを削除」のチェックボックスのチェックを必ず外します

Adobe Creative Cloud アプリのアップデートで旧バージョンを残す設定

このチェックボックスをオンのままアップデートしてしまうと旧バージョンを削除してしまうことになります。

Photoshop2021→2022のような年次アップデートのときにのみ、このウィンドウが表示されます。
Photoshop2022バージョン23.0→23.1などの小さいアップデートのときは表示されません。

旧バージョンを置いておくデメリット

旧バージョンを置いておく”デメリット”も念のため知っておいた方がいいと思います。次のような点はあります。

  • 旧バージョンのアプリケーションがディスク容量を消費する。
  • OS側でファイルタイプの関連付けがうまくいかない場合、ファイルをダブルクリックした時に希望していないバージョンで開いてしまう時がある。
  • 古いバージョンはセキュリティ面で問題になることがある

ディスク容量ですが、余裕があれば旧バージョンも保持しておいて必要がないと思った時にアンインストールすれば問題ありません。

ファイルタイプの問題は関連付けを修復するか、ダブルクリックで開かないようにするという回避方法があります。

セキュリティ面は旧バージョンを使うメリットと天秤にかけることになるかと思います。

確率的に問題になることは少ないですが、セキュリティホールになることもありえるので、自己責任でということになります。

過去バージョンのダウンロード方法

現在は”個人版・グループ版”で過去1バージョン、”エンタープライズ版”で過去2バージョンまでダウンロードできます。それ以上前のバージョンをダウンロードする方法は残念ながらありません。

Adobe Creative Cloud上で、「アプリケーション」→「すべてのアプリ」旧バージョンをダウンロードしたいアプリの横の「…」をクリックします。

Adobe Creative Cloudで過去バージョンのアプリをダウンロードする方法1

Adobe Creative Cloudで過去バージョンのアプリをダウンロードする方法2

出てきたポップアップから「他のバージョン」をクリックします。

インストールしたいバージョンの横の「インストール」をクリックしてインストールします。

Adobe Creative Cloudで過去バージョンのアプリをダウンロードする方法3

まとめ

いろいろ設定を書いたので複雑に見えますが、基本はアップデート時に「以前のバージョンを削除」しないということです。初期設定がONになっているところが怖いところですね。

Adobeさんとしては、セキュリティ面で古いバージョンのサポートまで手が回らないということなのでしょうか。

Photoshopは近年のバージョンで明らかに遅くなっているところがあるので、何とかしてほしいところです。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました