Photoshopのレイヤーの描画モードまずはこれだけ覚えればOK

PhotoshopのレイヤーブレンドPhotoshop基礎知識

Photoshopのレイヤーのブレンドモードは下のように27種類、「通過」も入れると28種類もあります。

Photoshopのレイヤーブレンドメニュー

正直これら全部を覚えておく必要はないので、ここで全てを紹介することはしません。まずは代表的なところから把握していけばOKです。

全てのモードについてはこちらのAdobe公式ヘルプで紹介しています。

スポンサーリンク

レイヤーの描画モードのカテゴリ

まずは下図のように、暗く、明るくなどのカテゴリを把握しておくだけでも効果を想像しやすいと思います。

Photoshopのレイヤーブレンドの分類

その上でまずは「通常」のほかに代表的なこの3つが使えるようになるといいと思います。

Photoshopのレイヤーブレンドで重要なもの

乗算

上下のレイヤーのRGBの数値をかけ合わせて暗くします。

上のレイヤーが白(R255,G255,B255)の部分は下のレイヤーに影響しなくなり、完全に透過します。それより暗い部分は暗い分だけ影響が強くなり、色がつきます。

例えば何かにペイントを施したような表現に使います。

下のように真っ白な画像にペイントしたい物を描けば、乗算で重ねたときに肌にペイントしたような感じを出すことができます。

Photoshopのレイヤー乗算の例

スクリーン

上下のレイヤーのRGBの数値をかけ合わせて明るくします。

上のレイヤーが黒(R0,G0,B0)の部分は下のレイヤーに影響しなくなり、完全に透過します。それより明るい部分は明るい分だけ影響が強くなり、色がつきます。

例えば夜空に星を並べるときなどに使います。

下のように真っ黒な画像にフレアの画像を作れば、スクリーンで重ねて夜空に輝く星を合成できます。

Photoshopのレイヤースクリーンの例

オーバーレイ

上下のレイヤーのRGBの数値をかけ合わせて明るくしたり暗くしたりします。

上のレイヤーが50%グレー(R128,G128,B128)の部分は下のレイヤーに影響しなくなり、完全に透過します。それより明るい部分は明るく、暗い部分は暗く、色のついた部分は色がつきます。

例えば画像にノイズをかけたりするときに使います。

下のように50%グレーで塗りつぶした画像にノイズをかけたものを作れば、オーバーレイで重ねて画像にノイズをかけられます。

Photoshopのレイヤーオーバーレイの例

3つのレイヤーモードをまとめると

すごく大まかにまとめるとこのような感じです。

Photoshopでレイヤーの描画モード3つ

そのほかの描画モードは

上の3つが理解出来たら、あとは内部の計算方法(+とか×とか÷とか)が違うだけで、効果のかかり方が少し変わるというぐらいに思っていいです。

あとは使っていくうちに、もう少し効きが強いほうがいいな、とか弱いほうがいいな、とかで同じグループの中の違うものを選んでみて覚えていくということで大丈夫です。

レイヤーグループの通過と通常

Photoshopのレイヤーブレンド通常

追加でレイヤーグループ専用のブレンドモード「通過」と「通常」の使い分けだけ知っておくと便利です。

初期の状態ではレイヤーグループのブレンドモードは「通過」になっていますが、これを「通常」にすると、レイヤーグループの中にある調整レイヤーが「レイヤーグループの中のレイヤー」だけにしか影響しなくなります。

下の画像の例だと、レイヤーグループが「通常」になっているのでトーンカーブ2はグループ1の中のレイヤーにしか影響しなくなります。

Photoshopのレイヤーブレンド通常の例

逆に「通過」だと背景レイヤーにも影響するので全体の色が変わります。

クリッピングレイヤーと併用することで調整レイヤーがかかる範囲を使い分けできるので、とても便利です。

レイヤーについてはこちらでも解説していますので是非ご覧ください。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました