画像サイズをそろえるときに便利なPhotoshopの画像のフィット

Photoshopテクニック

Photoshopの「画像のフィット」という機能はご存知でしょうか。

「画像のフィット」は画像のサイズを縦横のピクセルで指定してリサイズする機能です。

いろいろなサイズの画像を全て指定のサイズ以内に揃えたいときに便利です。

使い方ですが、「ファイル」メニュー→「自動処理」→「画像のフィット」を選びます。

Photoshopの画像のフィットメニュー

下のようなウィンドウが出ます。ここで幅と高さのサイズを入力します。

拡大しない」というのは、最初からサイズ以内の画像は指定のサイズに拡大するのか、そのままにするのかの設定です。

Photoshopの画像のフィットの設定

幅と高さを別々に指定できるので、幅・高さのどちらかがサイズ指定の数値を越えている場合は自動で判断してサイズ指定の範囲に縮小してくれます。

たとえば上のように入力した場合、縦長の画像でも横長の画像でも長辺が3036pxになるように自動で拡大縮小してくれます。

Photoshopの画像のフィット縦長の例 Photoshopの画像のフィット横長の例

もちろん縦と横を別々のピクセル数で揃えることも可能です。

バッチやドロップレットと組み合わせることで、数十点や数百点の画像であっても複数の画像を一度に指定サイズにそろえることができとても便利です。

超簡単!Photoshopのアクションの使い方【記録と再生】
Photoshopのアクション、なんだか覚えにくいと思って敬遠されている方も多いと思います。アクションは実は単純作業のスピードアップにめちゃめちゃ効率的な機能で、とても簡単に作業を自動化できます。またアクションが使えるようになるとバッチ、ドロップレットなど更に便利機能も思いのままです。
Photoshopのアクションをさらに使いこなす【中止と条件】
前回のPhotoshopのアクション機能紹介のさらに踏み込んだ内容になります。アクションを作れるようになったらさらに便利に使いこなす方法を紹介します。
Photoshopのバッチ処理 複数ファイルを一括処理
Photoshopの「バッチ」は「アクションで登録しておいた処理」を複数ファイルに一括で適用できるとても便利な機能です。 「ファイル」メニューから「自動処理」→「バッチ」を選びます。
Photoshopのドロップレット ドラッグ&ドロップで一括処理
ドロップレットの機能 アクションを使った応用でバッチ処理ともう一つ便利な機能がドロップレットです。 ドロップレットはファイルをアイコンにドラッグすることで、自動的に指定したアクションを実行する機能です。 アクションとバッチ処理...

Photoshopのその他のテクニックについてはこちらにまとめています。ぜひご覧ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました