Topaz gigapixel AIが$20オフのセール中!クーポンでさらに15%オフ

【初心者向け】Photoshopの簡単なグラデーションの作り方を紹介

【初心者向け】Photoshopのグラデーションツールの使い方 Photoshop2022対応Photoshop基礎知識

Photoshopのグラデーションとは

Photoshopのグラデーション

Photoshopでグラデーションを作るには、

  1. グラデーションツールで作る
  2. レイヤー効果のグラデーションオーバーレイで作る
  3. ぼけ足の長いブラシで作る

などがあります。

この記事ではグラデーションツールでグラデーションを作る方法について紹介します。

Photoshopのグラデーションツールの使い方

グラデーションツールの使い方

Photoshopのグラデーションツールの使い方

グラデーションツールの使い方は下のような順番で行います。

  1. グラデーションツールを選ぶ(塗りつぶしツールの表示になってる場合は長押しで切り替え)
  2. グラデーションの色を選ぶ
  3. グラデーション形を選ぶ
  4. グラデーションの補間方法を選ぶ

上の1~4で作りたいグラデーションを設定してから、画像上でドラッグします。

画像上でマウス(ぺンタブレット)ドラッグすると
Photoshopのグラデーションツールの使い方1

グラデーションが作られます。

Photoshopのグラデーションツールの使い方2

グラデーションの色を選ぶときは

それではグラデーションの色設定を選ぶ方法を紹介します。

Photoshopのグラデーションプリセットの選択

色設定はグラデーションプリセットの選択から行います。

グラデーション色表示の横の三角をクリックしてプリセットから色設定を選びます。

でてきたウィンドウで「基本」などのフォルダー横の三角をクリックでフォルダーを展開して選びます。

グラデーションの形を選ぶときは

Photoshopのグラデーションツールのグラデーション方向

グラデーション方向(形状)はここから選びます。

左から線形・円形・円錐形・反射形・菱形のグラデーションです。

Photoshop2022以降のグラデーションの補間方法

Photoshop2022のグラデーション補間方法の違い

Photoshop2022からはグラデーションの補間方法に新しい方法が追加されました

色の変化がより自然に見えるように「知覚的」と「リニア」が選べるようになっています。従来方式が「クラシック」です。

色の相性によってどの方式がよいか変わってくるので、一概にどの方式がよいというのはないです。好みや状況に応じて適したものを選ぶことになります。

グラデーションを実際に追加するには

描画色から透明にするには

私がよく使うのはプリセットの「描画色から透明に」の線形グラデーションです。というより、ほぼこれしか使っていません。

なぜかというとグラデーションの描画色と背景色を一回ごとに編集するのが面倒だからです。この方法だと描画色を設定しておくだけです。

Photoshopの描画色から透明にのグラデーション

描画色から透明に」はプリセットの「基本」の二つ目にあります。

Photoshopの描画色

描画色を設定するのは左側ツールパネルの下部でできます。クリックして自由な色に編集できます。

下のレイヤーを別の色で塗っておいて、上のレイヤーで「描画色から透明に」でグラデーションを作れば、2色グラデーションは簡単に作れます。

この方法だと2色のレイヤーが別々に編集できるので修正が楽です。

レイヤーマスクでのグラデーションの使用(グラデーションでマスクする)

さらにレイヤーマスクにグラデーションを使用して2色グラデーションを作ると、「グラデーションの幅・色」を後で編集がしやすくなるのでおすすめです。

例えば、下の画像だと「黄色と白のグラデーション」を2つのレイヤーと1つのレイヤーマスクで作っています。

この方法だと2色の色を後から変更できて、グラデーションの幅も後から編集できます。
Photoshopのレイヤーマスクでのグラデーションの使用例

グラデーションができないとき確認すること

スマートオブジェクトレイヤー・テキストレイヤー・シェイプレイヤーに対してはグラデーションをかけることができません。
Photoshopでグラデーションをスマートオブジェクトにかけた例

このような時はレイヤーパネルでレイヤーを右クリック→「レイヤーをラスタライズ」を選ぶと、通常レイヤーに変換することができます。
Photoshopのレイヤーラスタライズ

また新規レイヤーを作成してそのレイヤーにグラデーションをつくることもできます。レイヤーをクリッピングすればグラデーションを下のレイヤーでくりぬくことも可能です。
Photoshopで新規レイヤーを作成

【おまけ】グラデーションの作成・編集

グラデーションを作ったり、編集したりするにはグラデーションのサムネイルをクリックします。

Photoshopのグラデーションの編集

グラデーションエディターの画面が開きます。ここでグラデーションを編集できます。

Photoshopのグラデーションのマーカーの追加

グラデーションの帯の上下をクリックで不透明度のマーカーやカラーのマーカーを追加できます。

不透明度のマーカーはマーカーごとに不透明度の設定ができます。マーカーをクリックして下の「不透明度」のところの%で指定します。

またマーカーの左右の小さい◇をドラッグしてグラデーションの幅を指定します。

Photoshopのグラデーションの編集2

カラーのマーカーもマーカーごとに色の指定ができます。マーカーをクリックして「カラー」のところで色を変えられます。こちらもマーカー小さい◇をドラッグしてグラデーションの幅を指定します。

Photoshopのグラデーションの編集1

編集ができたらグラデーションをプリセットに保存します。グラデーション名を入力して「新規グラデーション」でプリセットに追加できます。

Photoshopの新規グラデーションの作成

グラデーションを削除したいときは右クリックで「グラデーションを削除…」すると削除することができます。

Photoshopのグラデーションプリセットの削除

まとめ

グラデーションツールの使い方はおわかりいただけたでしょうか。

基本は「描画色から透明に」をレイヤーマスクに使うだけで十分だと思います。グラデーションの作成・編集はグラデーションで複数色を使いたいときに覚えておくと便利です。参考になりましたら幸いです。

Photoshop2022のその他の新機能についてはこちらの記事にまとめています。

グラデーションマップの機能についてはこちらの記事で紹介しています。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

コメント