Photoshopのツールパネル解説【初心者向け】重要なところだけピックアップ

Photoshop基礎知識

Photoshopの画面構成とツールパネルについて紹介します。

画面の各所の呼び方は以下です。

ツールパネルはツールバーと呼ばれることもあるので覚えておいてください。

Photoshopの中に「ツールバーを編集」というメニューもあるので、ツールバーなのかツールパネルなのか、呼び方がブレている感があります。
たしか昔はツールバーと呼ばれていたような気がします。
ツールパネルは一番左端の細いやつですね。

Photoshopの画面構成

ツールパネルの項目ですが全部数えると70以上あったので、全部覚えようと思うと大変だと思います。正直私もまとめていてよく知らないツールもありました。

全部をしっかり覚えておく必要はないので、まずはポイントを絞って覚えて、必要が出てきたらその都度追加で覚えていく流れでといいと思います。

ということで、これは覚えておいた方がいいというところは赤い帯で印しておきました。使う人の業種によって使うツールにも違いがあると思うので、なるべくどの仕事でも標準になりそうなツールということで選んでいます。

各ツールのアイコンは長押しすることで同じグループのツールが出現し、切り替わります
一度切り替えたものは切り替えた方のツール表示になりますが、また長押しすると出てきますので安心してください。

まずは最初の6つのツールです。赤い帯を付けた4つは基礎的なツールです。これらを重点的に覚えていってください。

Photoshopのツールパネル1

スポット修復ツールと修復ツールは、細かいごみ取りとか肌修正に使います。

Photoshopのツールパネル2

ブラシツールについてはこちらの記事で使い方を説明しています。

Photoshopのツールパネル3

覆い焼き・焼きこみツールはアルファチャンネルの調整でも使えます。

 

ペンツールについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

手のひらツール、ズームイン・ズームアウトあたりは使わないことがないので、できれば最初からショートカットで覚えておいた方がいいです。

画面のズームイン・ズームアウトはスクラブズームで覚えた方がスムーズにズームするので早いです。ズームイン・ズームアウトの操作のクリックをドラッグに変えるだけです。

ショートカットは右に書き添えました。

Photoshopのツールパネル4

ツールパネルの紹介は以上です。

全体の数は多いですが、要点を絞るとぐっと気持ち的にも楽になるのではないかと思います。基本を覚えてから自分の気になるツールを試していくと、より理解が深まると思います。

Photoshopの基本的な使い方はこちらにまとめています。初心者の方にもわかりやすいようにまとめていますのでぜひご覧ください。

Photoshop基礎知識
このカテゴリーページはPhotoshopの基本機能・基本操作について覚えやすい習得順となるように記事を構成しています。

 

Photoshop入門用のおすすめ書籍はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でPhotoshop Bookをフォローしよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました